トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒川の源流 紅葉の入川渓谷とトロッコ廃線跡を歩く

<<   作成日時 : 2009/11/05 16:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

秩父盆地から関東平野を経て東京湾に流れ込む、一級河川荒川の起点が置かれる源流部、入川渓谷と
トロッコ軌道跡の紅葉を楽しむハイキング
                       「秩父鉄道特別企画」                   
                       2009年11月3日(火 祭日) 
                             コース概略
 三峰口駅=【バス】=川又→前田夕暮歌碑→渓流釣場→トロッコ軌道跡→入川取水口→赤沢谷・入川本谷合流
               (復路は往路の逆)                   【行程10キロ 歩行時間4時間】
   参考 羽生発(7:12)→(普通列車)→三峰口着(9:09)受付後→バス(ピストン運転)→川又着(9:50頃)

  *****三峰口駅=【バス】=川又→前田夕暮キャンプ場 歌碑→渓流釣場→東京大学管理地 ゲート*****
画像
                         三峰口駅 秩父鉄道バスで川又へ
画像
        川又駐車場  さあ〜スタート 今日は絶好のウォーキング日和、紅葉も見頃の情報
画像
                        入川渓谷分岐点、川又から約5分歩く
画像
                               夕暮キャンプ場入口
              夕暮キャンプ場は歌人、前田夕暮が起こした関東木材会社の工場跡
画像
                                 キャンプ場内
画像
                            前田夕暮歌碑(キャンプ場内 )
        キャンプ場を後に歩を進めると観光釣り場・東京大学管理地 ゲートそしてトロッコの軌道にでる
画像
                            これより上流 特別釣り区
画像
                              東京大学管理地 ゲート
この林道は借用し東京大学が管理しているものです。この先は東大の演習林で、入山には許可が必要、
此処からハイライト、渓流と森林鉄道軌道跡(トロッコ)、断崖絶壁 苔の岩壁ありと紅葉を堪能しながら赤沢出合へ

   *****東京大学管理地ゲート→森林鉄道軌道跡→赤沢谷・入川本谷、合流地点(折り返し地点)*****

                  入川森林鉄道、別名東京大学演習林軌道
荒川上流の入川渓谷沿いにブナやカツラなどの伐採木・木炭運搬用として、大滝村、川叉地区を起点に赤沢谷出合までのびていた5.1キロの軽便鉄道、軌間762mm、4〜6tの小型のDLの牽引で運転されていました。1970年に廃止
画像
                                  写真@
画像
                                 写真A
画像
                                 写真B
                @AB東京大学管理地内に入った附近の紅葉と入川渓谷

画像
                          写真@分岐点 十文字峠方向へ
画像
                             写真A森林軌道の跡
この軌道は昭和20〜40年頃、木材をトロッコで運搬した森林軌道。実際に丸太を積んだトロッコが走っていた姿を
想像して歩く、 森林軌道跡は赤沢谷出合まで。落葉で軌道が見えにくい。 クリックしてください
画像
                           写真B線路の下は断崖絶壁
画像
                             写真C岩壁側の紅葉
画像
                           写真D岩壁から流れ落ちる水
                       EFGはクリックして見てください
画像
                           写真E岩壁の苔も美しい
CDE岩壁側(右側)に原生林あり、綺麗な苔の岩壁あり、水が幾筋にも流れ落ちて滝ありと、撮影に忙しい!!
画像
                                  写真F
画像
                                 写真G
                    FG赤沢谷出合口に近いところ、手前1`付近  

*****赤沢谷・入川本谷 合流地点(折り返し地点)(一級河川 荒川起点の碑 赤沢谷に架かる吊り橋)*****

            赤沢出合では、大勢の人が。お昼を食べる人、引き返す人で大賑わい。
                       @CDはクリックしてみてください
画像
                               写真@赤沢出合
画像
                          写真Aトロッコ電車の説明書き
 森林軌道の歴史(入川軌道)説明書き、この山奥でレールに枕木、不思議に思いませんか。重い木材を満載して
 カタゴト、カタゴト、ギシギシ此処は昭和23年から45年の間、トロッコが走っていた軌道。当事は此処と同様の
 森林軌道が日本のあちこちにありましたが今では殆んど姿を消してしまいました。
画像
                              写真B荒川起点の碑
      一級河川 荒川起点  荒川水源の碑は、更に奥の甲武信小屋付近(甲武信岳)にある
      この先は登山ルートで、ハイキング気分では危険!!
画像
                         写真C赤沢谷・入川本谷合流地点
   写真左側から、出合より上流の入川の流れ、右からは赤沢谷よりの流れ、この流れ右奥に吊り橋がある
画像
                            写真D吊り橋(下方から撮影)
画像
                   写真E吊り橋より下流方向を見る(合流地点方向)
                     渓流を眺めながら、今日は此処で昼食!!

                        *****復路は往路の逆コース*****
      復路 帰りも紅葉を楽しみながら、特に素晴らしかったところの撮影をしながらゴールを目指す
  往路は日差しが、やや逆光気味で、デジカメ初心者では素晴らしい紅葉もイメージどおり撮影できなかった
                    @〜Hはクリックして見てください 除くC
画像
                                  写真@
画像
                                  写真A
画像
                                 写真B
           @AB折り返し地点をチョット歩いた付近 入川渓谷と黄葉林「この木 シオジ?」
画像
                            写真C出合口に一番近い橋
画像
                         写真D岩壁から湧き出る水と原生林
画像
                          写真Eド〜ンと突き出た大岩
画像
                                  写真F
画像
                                  写真G
画像
                                  写真H
  FGH特別釣り区 7号標識付近 この付近は軌道の跡がハッキリと判る。東京大学管理地 ゲートに近い

               ハイキングも此処で終了。バスが待つ 川叉に急ぐ
  参考 川又発(14:00)→バス(ピストン運転)→着(14:40) 三峰口駅発(1456)→普通→羽生着(17:02)

     









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
荒川の源流 紅葉の入川渓谷とトロッコ廃線跡を歩く トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる