トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 入間川と三又沼ビオトープを巡る探訪ウォーキング 落合橋から開平橋へ

<<   作成日時 : 2010/05/01 19:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

4つの川(越辺川、大谷川、小畔川、入間川)、が合流する落合橋(国道254号線)付近から
入間川右岸堤防を南下して、かって荒川と入間川の合流地点、三又沼ビオトープを巡る
歴史探訪ウォーキング。今日は予報が、はずれヤヤ荒れ気味の天気となってしまった。
                        2010年4月29日(祝日)
                            コース概略
 鴻巣駅⇒;鴻巣川島線⇒;落合橋(越辺川 小畔川 入間川)…背割堤 (小畔川終点)…釘無橋⇒
    (越辺川合流地点)⇒菅間堰⇒(川島排水機場 遠望)⇒出丸橋(入間川左岸へ⇒;
         川島囲堤の南縁(白山太神社)⇒三又沼ビオトープ南入口…縦断…東入口⇒西野橋⇒
                          (ゴルフ場クラブハウス)⇒;開平橋 遠望⇒;平方バス停⇒上尾駅

    *****バス停 落合橋(越辺川 小畔川 入間川)…背割堤 (小畔川終点)…釘無橋*****
画像
                             写真@落合橋北詰
画像
                           写真A254号線下り線
       @A落合橋は越辺川、旧小畔川、小畔川、入間川を跨ぐ、長さ560m(推定)の鋼桁橋。
          国道254号が走り、上り・下り車線専用の 独立した2橋が架けられている
画像
                       写真B落合橋上流の河川案内
               落合橋付近の洪水写真  出丸橋(入間川左岸橋詰) 案内板より
画像
                              写真C平常時
画像
                            写真DH11年出水時
       CDH11年・8月洪水 落合橋付近 上流方向 写真左から入間川・小畔川・大谷川・越辺川
画像
                       写真E越辺川上流を見る 落合橋から
 落合橋は昭和36年(1961)まで木の橋だった。落合橋からは右岸堤防越しに、小畦川が見える(写真左側)。
 なお、落合とは川の合流地点のことで、江戸時代以前には現在の落合橋の上流で小畦川が越辺川に、
 越辺川が入間川へ合流していた。
画像
                    写真F落合橋の中間地点付近 右岸上流から
       落合橋、右岸上流から越辺川と254号線を見る、この付近は越辺川/入間川の中間で
       導入堤(越辺川の右岸堤防)になっている。直ぐ脇に原次郎先生治水彰功碑がある
画像
                         写真G原次郎先生治水彰功碑 
           小畔川の導流堤(越辺川の右岸堤防)に越辺川を見守るように建っている。
      これは入間川、越辺川、小畔川の河川改修に尽力した、民間人 原次郎の功績を称えた碑。

                 +++++導入堤を歩く 落合橋;〜小畔川終点〜釘無橋+++++
画像
                           写真H落合橋から導入堤へ
      チョット危険だが国道254号線を横切る。写真左に小畔川、越辺川、右には入間川が流れる
画像
                             写真I小畔川終点
            落合橋の下流500mの地点。小畔川は越辺川の右岸へ合流して終わる。
      左が小畔川、右が大きく見える越辺川。導流堤(背割堤)を兼ねた、入間川の左岸堤防から撮影。
                入間川の洪水が越辺川へ逆流するのを防ぐ効果がある。
画像
                写真J背割堤 下流の釘無橋方向を見る、微かに釘無橋が見える
                小畔川が合流した下流の越辺川、堤を挟んで左、右は入間川
画像
                      写真K釘無橋を見る 入間川右岸下流から
               入間川と越辺川の合流点は釘無橋の先、約400bにある。
                 今日は諦め、釘無橋を渡り入間川右岸堤防に出る。

  *****釘無橋〜(越辺川合流地点)〜菅間堰〜(川島排水機場 遠望)〜出丸橋(入間川左岸へ)*****
             入間川右岸堤防に並行して、川越・狭山自転車道路が整備されている
画像
                      写真@越辺川合流地点 約、海から53キロ付近
        釘無橋の下流400mでは入間川に越辺川が合流する。写真の左が入間川、右が越辺川。
           越辺川の合流点は昭和初期までは、釘無橋の上流の落合橋の付近だった。
画像
                   写真A川越・狭山自転車道路 眺望が無いのが残念
画像
                         写真B萱間堰(萱間頭首工、下流から)
             轟音が鳴響く豪快な萱間堰。越辺川の合流地点から、300m下流。
             低水路に設けられたコンクリート製の固定堰(幅は約50m)で、
         右岸から伊佐沼代用水(農業用水)を取水している。荒川右岸土地改良区が管理。
       昭和24年に建設された堰だが、老朽化のために、昭和48年改築されて現在に至っている。
画像
                 写真C川島排水機場(左岸) 入間川右岸堤防からズーム撮影
    東に荒川、西に越辺川・都幾川、南に入間川、北に市の川と、四方に5本の川が流れている川島町は、
    川に囲まれた島状の土地であることから「川島」の名が付いたと言われています。
    江戸時代には集落を輪のようにとり囲む「囲堤」と呼ばれる堤防が築かれましたが、
    水害の解消までには至らず、長い間、水との闘いが続いてきました。
    昭和56年、入間川に建設された川島排水機場は、これまで排水施設は不十分で、
    水被害が絶えなかった川島地区に大きな安心をもたらしました
画像
                        写真D出丸橋 入間川右岸橋詰から
    出丸橋は入間川の河川敷に架かる冠水橋(潜水橋)。増水時には水没してしまうので通行できない。
    入間川には出丸橋の上流2.2Kmに釘無橋、下流2.3Kmに入間大橋が架かっている。
    しかし4.5Kmもの距離は、さすがに不便である。そのためか、出丸橋は便利な抜け道のようで、
    通行する車輌は意外に多い
画像
                         写真E出丸橋から入間川上流を見る

     *****出丸橋(入間川左岸へ)〜川島囲堤の南縁(白山太神社)〜三又沼ビオトープ南入口*****
画像
                      写真@入間川左岸から見た川越工業団地
画像
                 写真A入間川左岸堤防と横塚樋管 09/09撮影 下流から
       出丸地区の悪水は、川島領囲堤に伏せ込まれた、この樋管から入間川へ排水される
画像
                        写真B入間川左岸堤防と三竹遺跡
写真突き当たり付近が川島領大囲堤の南縁、左に白山神社、右にカーブするような堤が
荒川右岸堤防(荒川森林公園自転車道)、荒川の右岸堤防は県道339号線を兼ねていて、
そのまま南(下流)へ進むと、開平橋(荒川)、入間大橋(入間川)に辿り着く。なお、
シートが被せてある箇所は平成22年1月の発掘調査で約1500年前に造られた古墳時代後期の
古墳跡3期などが発見されています。今後の調査進展によって地域の歴史上、
重要な手がかりが得られるものと期待されます。   県埋蔵文化財調査事業団より説明資料抜粋
画像
                          写真C川島領大囲堤の南縁
        川島領囲堤の南縁、Y字路 右道路が荒川右岸堤防(森林公園自転車道)。
        中に白山神社 左側の道路が県道339号線で写真手前に入間大橋方向になる

       *****三又沼ビオトープ(南口〜遊歩道〜東口)〜ゴルフ場脇道(旧川筋)〜
                               西野橋〜平方バス停留所〜バス〜上尾駅*****

         3つの市と町(川越市、上尾市、川島町)の丁度境に位置する三又沼ビオトープ
画像
                         写真@ビオトープ南入口 総合案内
画像
                             写真A三又沼生い立ち
画像
                              写真B現在の三又沼
画像
                       写真C明治40年代の荒川と入間川合流点
   AB入間大橋上流付近(川越市中老袋から下流の入間川は、昭和初期に開削された人工水路
      荒川の流路は西野橋付近から下流が、昭和初期の河川改修で新たに開削したもの
画像
                           写真D三ツ又沼ビオトープ
画像
                           写真E三ツ又沼ビオトープ
DEこの沼の周辺には水生動物や湿地性の植物が豊かに茂り、さまざまな野鳥やトンボ等の昆虫類、などの
稀少な動植物も多く確認されています。沼周辺の湿地帯には木板の遊歩道やバイオトイレなどが整備され、
四季折々の自然に気軽にふれることができるようになっています。
                                  国土交通省荒川上流河川事務所 荒川100選から
    +++++南入口からビオトープを縦断して、東口から、ゴルフ場を右に見ながら西野橋へ+++++
画像
                      写真F西野橋 荒川右岸(ゴルフ場側)から
            写真手前はシーサイドフェニックスGC。ゴルフ場のカート及び一般車両も通行、
            この付近は荒川の両岸が上尾市である。正面は荒川の左岸堤防
画像
                         写真G西野橋から荒川下流を見る
           この付近の荒川の流路は、昭和初期の河川改修で新たに開削したもの。
     僅かに正面に約600m先に開平橋が見える。左岸に見える建物はゴルフ場のクラブハウス
画像
                          写真H開平橋 左岸下流から

            今日の探索は此処で終了しました。平方バス停留所から上尾駅へ
 万歩計は 通常歩行28088歩 いきいき歩行 16079歩 消費i 448`i 歩行距離 14` 脂肪燃焼 58g

                 写真構図・記事等 下記HPを参考にしました
    国土交通省荒川上流河川事務所 荒川100選から http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/index.htm 
    関東地方の川  アドレス http://www.geocities.jp/fukadasoft/rivers/index.html

                    小生の参考関連ページ
            09/09/23 荒川の右岸を歩く 太郎右衛門橋から上江橋まで
            http://68535631.at.webry.info/200909/article_7.html 

            09/12/21荒川の左岸を歩くパートD 御成橋から開平橋へ
            http://68535631.at.webry.info/200909/article_7.html 














 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入間川と三又沼ビオトープを巡る探訪ウォーキング 落合橋から開平橋へ トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる