トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 石と芸術のまち金谷 鋸山ハイキング

<<   作成日時 : 2010/05/19 16:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

石切と芸術の歴史ある金谷のまちから登った鋸山で大パノラマを楽しむコース
鋸山から切り出された房州石は、江戸の町の建造や横浜港に使われ、今でも早稲田大隈講堂や靖国神社などに
その姿を見ることができます。また、鋸山の緑が一層濃くなる季節を迎えます。    主催 JR駅からハイキング
                       2010年5月16日(日)
                            コース
      浜金谷駅⇒車力道⇒展望台・東京湾を望む⇒石切場跡⇒日本寺⇒観月台⇒
                          ザ・フィッシュ⇒恋人の聖地モニュメント⇒浜金谷駅

   *****浜金谷駅〜(道標に従い分岐点)〜車力道〜洞窟までの標識〜
                          石切場跡と展望台の分岐〜東京湾が見える展望台*****
画像
                         写真@JR浜金谷駅 スタート&ゴール駅
画像
                            写真A鋸山案内図 クリック拡大
画像
                              写真Bコース分岐点
     車力道(左側の道)を進む、右側の登山道は観月台コースで今日の復路のコース設定になっている
画像
                                写真C車力道
      石切職人達が木製の荷車に石を載せ、ブレーキをかけながら急斜面を下りた道。
      石敷きは2本の幅が鮮明に残っている。運搬した人を車力と呼び、女性の仕事でもあった。又
      空の荷車を背負って頂上まで上り、これを女性が一日三往復した、大変な重労働でした。
画像
                            写真D洞窟までの標識
画像
                          写真E石切場跡と展望台の分岐
               左は東京湾を望む展望台(200m)・鋸山方面へ。
         右は石切場跡(200m)、更に岩の回廊から、日本寺の北口管理事務所へ。
        +++++正面に見えるのが、吹きぬけ洞窟 展望台へ行く前に先取り見学する+++++

                       吹きぬけ洞窟(切った石を保管した場所)
画像
                                  写真F洞窟
画像
                             写真G洞窟の中の様子
画像
                            写真H急な階段(振返って撮影)
          急な階段を登りきると展望が開け、鋸山方面との分岐点に出る。コースは展望台へ
                          東京湾を望む展望台
画像
                      写真I展望台 駅ハイの参加者でベンチは満席
画像
                                 写真J展望台
      IJ浜金谷港と館山自動車道、対岸の三浦半島、浦賀水道・行き交う東京湾フェリーも見える。

        *****展望台〜石切場跡・展望台分岐〜岩の回廊〜石切場跡〜
                        分岐点(観月台、金谷方面)〜日本寺入口(北口)*****
                             岩の回廊
画像
                                 写真@
画像
                                 写真A
       崖を伝わって流れてきた雨水が溜まったのか小さな池 周辺にはカエル等が生息し
       5~7月頃には池周辺の枝先に白い泡に包まれた卵塊を確認できます
画像
                              写真B観音洞窟
              @AB岩の回廊 丸池・三角池・観音洞窟 垂直な岩壁がすごい迫力!!
画像
                              写真C地獄のぞき
           この付近から見えた“地獄のぞき”此処にいくには日本寺入口(北口)から登る

                               石切場跡          
画像
                               写真D石切場
画像
                          写真E崖に「安全第一の」の文字
画像
                           写真F石切場跡・展望台から
            DEF江戸時代から昭和後期まで房洲石を採集していた跡地。
    良質石材として横浜港高島桟橋や靖国神社、早稲田大学の大隈講堂の石塀に等に残っています
               この付近からも、”地獄のぞき”を見ることが出来ます
画像
                         写真G分岐点(頂上・観月台、金谷方面)
画像
                                  写真H
画像
                                  写真I
                HI日本寺入口北口管理所 拝観料大人600円 子供400円

                              これより日本寺境内
      約1300年前に開かれた関東最古の勅願所で、数多くの名僧が修行に訪れた我国でも珍しい古道場。
正しくは乾坤山日本寺と称し境内には日本一の石大仏や百尺観音、千五百羅漢、等の数多くの石仏が散在します

     ****北口管理所〜百尺観音〜頂上展望台 地獄のぞき〜
               千五百羅漢(西国観音 通天関 百躰観音 日牌堂)等〜日本寺大仏口*****
画像
                                写真@百尺観音
         石切の絶壁の跡に刻み込まれた高さ百尺(約30・3bの観音様。昭和41年5月に完成した
画像
                       写真A百尺観音付近から見る”地獄のぞき”
           写真中央右に突き出た岩が、地獄のぞき。手前の岩(右側)に百尺観音
               ”地獄のぞき”展望台は、この写真手前方向に標識がある

        +++++山頂展望台(第一展望台〜地獄のぞき展望台〜第2展望台)+++++
                      便宜的に展望台@A付けています
                   岸壁が綺麗に裁断されている様子がわかる
画像
                        写真B第一展望台から地獄のぞきを見る
画像
                   写真C地獄のぞき途中の岸壁、地獄のぞき方向を見る
画像
                    写真D地獄のぞき途中から第一展望台を見る
                  眼下には百沢観音前広場、あそこから此処まで来たんだ
画像
                       写真E第二展望台から”地獄のぞき”を見る
画像
                        写真F”地獄のぞき”第2展望台から
       この先端で「地獄のぞき」を体験、高所恐怖症には怖い断崖絶壁、こわごわ覗き込む凄い!! 
画像
            写真G第2展望台 爽快大パノラマの展望 此処で昼食を採り。千五百羅漢・大仏へ
画像
              写真H百躰観音 他に西国観音、通天関、日牌堂等の羅漢があります
画像
                      写真I日本寺大仏口 大仏前参道から大仏広場へ

        +++++日本寺大仏口〜(大仏前参道)〜日本寺大仏 広場〜
                     大黒堂〜薬師本殿医王殿〜海中出現鐘〜大仏口+++++
画像
                            写真J日本寺案内図
画像
                             写真K日本一の石大仏
 広場には薬師瑠璃光如来の名を持つ、高さ31bの日本一の石大仏が建ち、世界平和、万世太平を願います
画像
                              写真L薬師本殿医王殿
                  本尊である薬師瑠璃光如来を祀っています
            他に大黒堂 海中出現鐘(国指定重要文化財)を拝観後、大仏口へ 

  *****大仏口〜北口管理所(百尺観音)・頂上方面分岐〜石切場・金谷方面分岐〜観月台〜
            コース分岐点(車力道・観月台)〜浜金谷港 ザフィッシュ・モニュメント〜浜金谷駅*****
           北口管理所まで再び上り道を戻る格好になるが石切・金谷分岐から下りになる
画像
                      写真@百尺観音(北口管理所)・頂上方面分岐
画像
                           写真A百尺観音へ向かう道
画像
                 写真B地獄のぞきズームアップ(百尺観音へ向かう道で!!)
画像
                          写真C石切場・金谷方面分岐
画像
                 写真D分岐点から見た”地獄のぞき”僅かに人影が見えます
           BC石切場・金谷方面分岐と分岐点から下りになる。JR浜金谷駅(1・1`)
画像
                             写真E観月台からの眺望
             眼下に浜金谷港 浦賀水道、対岸に三浦半島が見えます。  ゴールは浜金谷港
                    往路コース分岐点(車力道・観月台)からゴールへ

                            浜金谷港
画像
                写真Fザ・フィッシュ お食事と買い物が気軽に楽しめる人気のスポット
画像
                            写真G恋人の聖地モニュメント
     県内初の「恋人の聖地」に認定された金谷に、約2・7mの「恋人の聖地モニュメント」が誕生しました
                  ゴール受付を済ませ、JR浜金谷駅へ(約10分) 
画像
                        写真H鋸山 浜金谷駅ホーム歩道橋より
         ズーム拡大して見ると、此処からも人影が見えます。さようなら・・・又、来るね!!
   鋸山北側で石を切り出した跡がギザギザで鋸の刃に似ていることから名前が付いたといわれる。

    標高329mの鋸山と云うが、急な石段や苔が生えた岩などの登山道があり侮れない。
    小生にとってはチョット、“キツイ”ハイキングとなりました。しかし
    奇岩の名勝の地として知られるだけのことはあり山頂からの大パノラマや、断崖絶壁、奇岩の岩肌など
    見られて満足の一日でした。車内でデジカメをプレビューしコースを復習しながら帰路に着く。

 万歩計は 通常歩行 22,595歩 いきいき歩行 13692歩 消費i 345`i 距離 13` 脂肪燃焼 44c

                       下記参考にしました
        鋸南町商工会HP〜ハイキングコース http://www.kyonan.gr.jp/tour.html 
                  JR駅からハイキングコースマップ
 









                                     




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石と芸術のまち金谷 鋸山ハイキング トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる