トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 千住宿・千寿七福神めぐりと新春の荒川堤を歩く 北千住駅から東武堀切駅へ

<<   作成日時 : 2011/01/06 19:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

千住の町おこしを願って、近隣の寺社に七福神の石造を安置して、「千寿七福神」と命名したのが始まりです。
日光街道を中心に点在しており、旧千住宿の町並みを散策しながら、七福神めぐりと荒川堤を歩く
                          2011年1月4日(火)
                            コース概略
  北千住駅〜(宿場町商店街)(千住本陣跡)〜本氷川神社〜仲町氷川神社〜河原町稲荷神社〜
     八幡神社〜千住神社〜(墨東通り)〜元宿神社〜大川町氷川神社〜荒川堤(右岸)〜千住新橋〜
                JR常磐線・千代田線北千住橋梁〜東武線橋梁〜京成線橋梁 堀切橋〜東武堀切駅
画像
                     千住宿 千寿七福神めぐりマップ クリック拡大
  *****北千住駅〜(宿場町商店街)(千住本陣跡)〜本氷川神社〜(旧日光街道)〜
         橘生医院跡(森鴎外旧居跡)〜仲町氷川神社〜千住宿歴史プチテラス〜河原町稲荷神社*****
               この区間は七福神めぐりマップコース案内と違う旧街道筋を歩きました

画像
                             写真@宿場町商店街
             北千住駅前通りを千住2交差点で右折して直ぐ本陣跡説明版がある。
                 駅前通りと交差して左右に通る商店街が旧日光街道
画像
                           写真A千住宿本陣跡案内板
          大名が参勤交代などを行う際に宿泊する場所を、拠点という意味で本陣と呼びました。
          現在の千住3丁目付近にあり、いまは路地裏にその当時を物語った説明板があるのみ

                +++++本氷川神社 (千住三丁目氷川神社)   大黒天+++++
画像
                                  写真B
画像
                                  写真C
  BC素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祭神としています。徳治2年(1307年)千葉氏によって牛田に創建され、
               江戸時代初期に現在の地に分社を建立したといわれています。
               荒川放水路(現荒川)建設の際に牛田氷川神社を合祀しました。
           昭和45年に社殿と社務所が新築されました。旧社殿が登録文化財になっています

画像
             写真D橘生医院跡(森鴎外旧居跡)・千住一丁目30番8号(現都税事務所)
                 明治の文豪森鴎外の父、森静雄が開業した医院の跡地です。
            森鴎外は、明治14年(1881年)に大学を卒業して医師森林太郎として千住に住み、
                 南足立郡医であった父とともに町の人々の診療にあたりました。
                その森家があった場所は、現在東京都の都税事務所が建っています。
                      敷地の植え込みに「千住の鴎外碑」があります

                        +++++仲町氷川神社  弁財天+++++
画像
                                  写真E
画像
                                  写真F
画像
                            写真G弁天像供養庚申塔
        EFG素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祭神としています。元和2年(1616年)に創建されました。
                       庚申信仰を兼ねた弁天像供養庚申塔があります。
                   供養庚申塔として元禄2年(1689年)建立されたものなのですが、
         弁財天が主尊として祭られている庚申塔は、東京では現在のところこれ1基といわれています

画像
                           写真H千住宿歴史プチテラス
画像
                           写真I千住歴史プチテラス説明版

                         +++++河原町稲荷神社  福禄寿+++++
画像
                                  写真J
画像
                                  写真K
            食稲魂神(うかのみたまのかみ)を祭神としています。千住河原町の鎮守で、
                  古くからヤッチャバの守り神として崇敬されてきました
        木造漆塗りの大神輿(金銅装神輿 通称:ヤッチャ場神輿)が区の有形文化財に登録されている。
            明治36年(1903年)に建立された「千住青物市場創立330年祭記念碑」があります
画像
                        写真L千住青物市場創立330年祭記念碑
画像
                            写真M木造漆塗りの大神輿

  *****八幡神社〜千住神社〜(墨東通り)〜元宿神社〜大川町氷川神社〜荒川堤(右岸)〜千住新橋〜
           JR常磐線・千代田線北千住橋梁〜東武線橋梁〜京成線橋梁 堀切橋〜東武堀切駅*****

                         +++++八幡神社  毘沙門天+++++
画像
                                  写真@
画像
                                  写真A
                      @A祭神は、誉田別命(ほんだわけのみこと)
    明治41年(1908年)に現在地に白旗八幡宮の社殿を建て、氷川神社の接社として信仰されはじめました。
       勧請の時期は不明ですが、足立区の各地に残る源頼義、義家の奥州討伐の伝説のひとつが
    この八幡で、源義家が隅田川を渡る際、両岸に白旗を立て目印にしたことに因んでいるといわれています

                        +++++千住神社  恵比寿天+++++
画像
                                  写真B
画像
                                  写真C
              BC明治6年(1873年)に氷川神社と稲荷神社が合祀して西の森神社となり、
          大正4年(1915年)に千住神社と改称した。境内の一角にある富士塚は、区の登録文化財
画像
                            写真D願掛け恵比寿様
    千住神社の恵比寿様は、珍しい回転する「願掛け恵比寿」お願い事をするときは、白いハンカチを用意。
                  男は恵比寿様を3回左へ回まわし、女は右へ3回まわし、
            次のところへ白いハンカチで、それぞれ願いの言葉を3回念じながら3回撫でる。
                ハンカチは持ち帰り一日3回念じながら、それぞれの箇所をなでる

                 〜〜〜〜〜「お化け煙突」 千住桜木町1-3〜〜〜〜〜
         此処から本宿神社への途中、墨東通りの左側は昔懐かしい「お化け煙突」があった。
   昭和39年(1964)に廃止、設備撤去され、煙突跡地には北千住変電所・千住グランドなどになっています

                          +++++元宿神社 寿老神+++++
画像
                                  写真E
         甲斐武田氏に仕えていた鈴木印幡貞宗の子左衛門信義が武田氏滅亡後徳川氏に仕え、
          天正元年(1573年)、この元宿耕地の稲荷神社を建立したことに始まるとされています。

                       +++++大川町氷川神社 布袋尊+++++
画像
                                  写真F
画像
                                  写真G
              FG祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
                         祭儀として9月15日に例大祭が行われます。
                境内には文政7年(1824)築造で、都内9番目に古い富士塚があります
画像
                                写真H冨士塚
                    山頂に天保2年(1831)銘の石祠安置されている
画像
                            写真I旧千住新橋親柱
              千住新橋は明治44年から荒川放水路の改修計画の一環として
                 大正9年から大正13年までかけて完成したものです。
            その後、昭和32年に拡幅したが交通量の増大などで架け替えすることになった
                 架け替えに当り記念の為、この地に移したものである。
                  案内板より抜粋    昭和53年12月  足立区

     〜〜〜氷川神社の裏、北側は「荒川の堤坊」ですので荒川堤を散策しながら東武線堀切駅へ〜〜〜
画像
                  写真J荒川右岸堤と千住新橋(日光街道 国道4号線)
   荒川にかかる橋、国道4号(日光街道)を通す。北岸は足立区足立一丁目、南岸は足立区千住五丁目
                1972年から架け替えを行ない、1978年に旧橋が撤去された後、
           1983年に上り・下り2本に分かれた新しい橋が完成した ウィキペディアより抜粋
画像
                              写真K東武線堀切駅

      新年の歩き始めは、「千寿の七福神めぐり」で一年の福運と健康を祈り、千寿の福を沢山戴きました。  
         また、ご一緒の友人と楽しく七福神めぐりができましたことに、感謝したいと思います。

                               今日の万歩計は
     通常歩行 20451歩 しっかり歩行 12219歩 歩行距離 8` 消費i 334`i 脂肪燃焼38g

              記事などは下記 ホームページより参考に作成しました。有難う御座いました。
       あだち観光ネット トップ  http://adachikanko.jp/ 〜歩こう足立へ〜千住編 千寿七福神めぐり
 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千住宿・千寿七福神めぐりと新春の荒川堤を歩く 北千住駅から東武堀切駅へ トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる