トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 道志渓谷散策  宮歩会310回バス旅

<<   作成日時 : 2011/09/16 07:18   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回訪れる道志渓谷は、丹沢山麓の北に位置し、山伏峠を水源とする道志川は、水質が大変良いことで知られ、
横浜市の水源として使われています。
清らかな渓谷美の道志川、支流に豪快に流れる「雄滝」、細く流れる「雌滝」、弓の的のように見える「的様」など
涼風漂う水辺を巡る、宮歩会のバス&ミニハイク     主催 宮歩会
                           2011年9月11日(日)
                              コース概略
  宮代=桶川・北本IC=(圏央道 中央道)=相模湖東=R413=野原吊橋入口〜
        野原吊り橋〜渓谷遊歩道〜久保吊橋=雄滝・雌滝=道志の森〜的様 的様の水〜道志の森=
                       観光農園〜せせらぎの散策路〜道の駅 どうし=
                             R413=相模湖東=(中央道 圏央道)=桶川・北本IC=宮代

                +++++道志渓谷遊歩道(野原吊り橋〜渓谷遊歩道〜久保吊橋)+++++
                           R413号線沿いにあり、約20分
画像
                        写真@渓谷歩道案内図) クリック拡大
                        紅葉の見頃は10月下旬ごろからの様です
画像
                               写真A野原吊橋
               人数制限、一度に10人以上渡橋禁止 橋は、かなり揺れスリルあります
画像
                         写真B道志渓谷 野原吊橋から

                          渓谷遊歩道から久保吊橋へ
画像
                              写真C渓谷遊歩道
画像
                            写真D遊歩道途中の休憩所
画像
                              写真E久保吊橋
画像
                    写真F久保吊橋 野原吊橋同様に揺れます

       +++++久保吊橋=バス=滝入口〜雄滝・雌滝〜滝入口=バス=道志・森のコテージ 的様+++++
画像
                             写真G滝入り口
                     雄滝・雌滝は道志川の支線、宝永沢にある
画像
                                写真H遊歩道
画像
                                写真I遊歩道
              HI沢沿い緩い登りでチョット足場の悪い道ですが涼風が漂って気持良い
画像
                           写真J雄滝・雌滝 左:雌滝
画像
                                写真K雌滝
画像
                                写真L雄滝
           KL幅広く流れ落ちる雄滝、細く長く流れる雌滝  台風12号の影響か水量が多い

                 ~~~~~滝入り口から、再びバス移動 道志・森のコテージ~~~~~
画像
                    写真M道志・森のコテージ 室久保川の上流にある
        貸しバンガロー、オートキャンプ場、バーべキュー広場など完備され、アウトドアライフを満喫できる
画像
                           写真N森のコテージ カッパ
             バーベキュー広場近くにある、カッパ、カッパ、カッパ。日影の河原で昼食 休憩

                         食事・休憩の後、的様へ
 *****的様 的様の水〜道志の森=観光農園(オートキャンプ場)〜せせらぎの散策路〜道の駅どうし*****
                         ~~~~~的様 的様の水~~~~~
               森のコテージから室久保川沿いに、緩やかな登り林道を約400b先
                       的様入口付近の的様の水と的様案内板
画像
                                 写真@
画像
                                 写真A
                   急な階段を降りると的様と涼水が流れ落ちる滝がある
            @Aこの水のみ場は「TOTO水環境基金:「道志村水源の郷」つくりの助成を受けて、
                   土地所有者横浜市水道局のご協力により造られました
              この水が人と自然との共生の明かしとして末永く沸き続けることを願っています
                   案内板より 2008年的様を守る会NPO法人ヨコハマ創造空間
画像
                       写真B的様の由来 案内板 クリック拡大
                 「道志村の伝説の1つにこの室久保沢の的が挙げられる
      昔頼朝公が富士の巻狩りの折この地に標的を作り武道錬成のため矢を射ったと伝えられる
     現在もここより4`離れた戸渡部落には射場として櫓を組んだ場所があり櫓開戸と呼ばれている
   この一ノ的は涼水が勢いよく流れ落ちており、石英閃緑岩の一枚板に鮮やかな三重の的を見る事ができる
       尚二ノ的、三ノ的は埋没し見ることが出来ない       由来より抜粋   平成9年4月道志村
画像
                                写真C的様
           沢床に黒点を中心に同心円状に模様が浮かび上がって、弓の的のように見える「的様」
                       源頼朝が武道訓練をしたといわれる
             滝まで下りきると見えないので、途中階段から「的様」を見下ろすようになる
画像
                           写真D水が流れ落ちる滝
                     残暑厳しい日だけに、涼感たっぷりで気持良い

        道志・森コテージから再びバス移動=観光農園(オートキャンプ場、フィシングセンターへ
                  +++++観光農園〜せせらぎの散策路〜道の駅どうし+++++
画像
                        写真E観光農園(フィシングセンター)
         此処、オートキャンプ場、フィシングセンター入口、橋を渡らず写真右方が「せせらぎ散策路」、
                        道志川沿いを約20分弱で道の駅へ
画像
                            写真Fせせらぎ散策路
画像
                  写真G道の駅どうし、手前に架かる吊橋 橋奥に道の駅
画像
                        写真H道の駅どうし 道志川右岸より
     国道413号沿いにある「道の駅どうし」は観光、イベント、特産品など村内の情報を得ることが出来る
          村オリジナル料理が味わえるレストラン「手づくりキッチン」や特産品直売所もあります
画像
                         写真I道の駅 裏手の川遊び場
              村の中央を流れる道志川、子供たちが浅瀬を選んで川遊びをしています
画像
                      写真J道の駅どうし付近マップ クリック拡大

                此処で無事終了しました。帰りは往路と同じルートで帰宮の途へ

          今回のコースは宮歩会世話人の方々が距離不足を補うため工夫されていましたね
        そんな中にも、変化に富んだ清流や渓谷、滝など、僅かな一時でしたが涼を取ることが出来、
         残暑厳しい一日から逃避でき楽しく散策できました。世話人の方々お世話になりました

                           下記参考にしました
                 道志村役場産業振興課HP http://www.vill.doshi.lg.jp/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
道志渓谷散策  宮歩会310回バス旅 トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる