トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋のひまわりと渡良瀬渓谷ハイキング 

<<   作成日時 : 2011/09/28 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

群馬県みどり市で、12万本の遅咲きのひまわりや、関東の耶馬溪、高津戸峡を巡るコース。又
古代史上の大発見となった岩宿遺跡や、足尾の銅を運ぶ銅山(あかがね)街道の宿場町として栄えた
大間々の散策も楽しみます                              JR駅からハイキング
                           2011年9月25日(日)
                              コース概略
 岩宿駅〜岡登緑道〜岩宿遺跡〜岩宿人広場〜岩宿博物館〜ひまわりの花畑〜大間々 まちなか散策〜
       大間々博物館(コノドント館)〜はねたき道了尊〜高津戸峡遊歩道〜ながめ公園〜大間々駅(ゴール)

      *****岩宿駅〜岡登緑道〜岩宿遺跡(岩宿ドーム)〜岩宿人広場〜
                                   鹿の川沼〜岩宿博物館〜ひまわりの花畑*****
画像
                 写真@JR両毛線 岩宿駅 受付後、案内に従い岡登緑道へ
画像
                  写真A岡登緑道と78号線(太田・大間々線)交差点付近
画像
                               写真B岡登緑道
画像
                  写真C岩宿遺跡・岩宿博物館周辺案内図 クリック拡大 
        コースは東側の遺跡 岩宿ドームから入り、写真現在地点へ抜け、北方向にある「ひまわり畑」へ
             岩宿遺跡は緑に覆われた2つの丘陵と丘陵の西側に位置する鹿の川沼を含め
                 調和の取れた美しい場所に保存整備されています。又、
             沼、南側土手には、桜並木のトンネルが250b続いて花見スポットになっています
画像
                           写真D岩宿遺跡(岩宿ドーム)
  昭和21年に考古学者の相沢忠洋氏によって、日本古代史を覆す大発見となった遺跡の最初の発掘現場です
       遺構保護観察施設「岩宿ドーム」があり、地層断面の標本が展示されているほか、
         映像により、岩宿遺跡と日本の旧石器時代(岩宿時代)を解説しています
画像
                              写真E岩宿人広場
         ヨーロッパと日本の岩宿時代(旧石器時代)の人々が住んだ住居が復元されています
          この広場で古代料理研究会の皆様による「イノシシ汁」のサービスがありました
画像
                               写真F鹿の川沼
    渡良瀬川から引いた用水(岡登用水)の溜め池が「鹿の川沼」。藪塚、笠懸の農業用水に利用されている
画像
                              写真G岩宿博物館
       岩宿遺跡の近くにあり、遺跡から発掘された石器やマンモスのレプリカなどが展示されています。又
                    1・3万年前の日本人の生活が映像などで見られます

                     ~~~~~案内に従い、北方向にある、お花畑へ~~~~~
                   お花畑会場及び開催期間 9月25日から10月10日
         会場:みどり市 笠懸町吹上地区 ひまわり畑  問合せ 観光課 0277-76-1270
画像
                                 写真H
画像
                                 写真I
画像
                                 写真J

 *****お花畑〜69号線(旧あかげね街道・大間々/世良田線)〜(赤城駅)〜大間々博物館(コノドント館)〜
          はねたき道了尊〜高津戸峡遊歩道〜ながめ公園〜渡良瀬渓谷鉄道 大間々駅(ゴール)*****

                            ~~~~~大間々の街並み~~~~~
                    足尾銅山の銅を運ぶ宿場町として栄えた大間々、
          酒や醤油の歴史ある醸造元があり蔵や煉瓦の煙突、古民家が点在する街並です 
画像
                         写真@赤城駅前交差点(駅入口)
画像
                       写真A岡直三郎商店 (創業天明7年)
画像
                             写真B4丁目 常夜灯
画像
                         写真C大間々博物館(コノドント館)
   施設の愛称になっている動物化石(コノドント)や赤城山麓の自然や歴史に関する資料を展示している。又
                  大正10年に建築された旧大間々銀行の建物を活用した建物は、
                大正期の洋館建築として貴重な遺産です。みどり市の重要文化財指定
画像
                       写真D常夜灯(4丁目)説明版 クリック拡大

                      ~~~~~はねたき橋〜高津戸峡〜高津戸橋~~~~~
                       関東の耶馬渓”とも讃えられる高津戸峡
               遊歩道が約500m整備されており、雄大な渓谷を満喫できます、途中
   ゴリラ岩、ポットホール、ゴリラ岩などをあり、渡良瀬川両岸の紅葉が映える秋季の景観はお勧めです
画像
                           写真Eはねたき道了尊
                はねたき橋の近くにあり、「どうりゅうさま」呼び名で親しまれ
              諸願成就、子育ての神様として江戸時代から沢山の信仰を集めています
               はねたき道了尊を支える会の皆様による、湯茶のサービスがありました
画像
                 写真Fはねたき橋 歩行者専用橋、全長120m、全幅3.5m
画像
                 写真Gはねたき橋 説明版 橋名が漢字で書かれています
画像
                      写真H上流の高津戸ダムを見る 橋上から
画像
                       写真I渓谷と高津戸橋を見る 橋上から
                正面の紅い橋は、高津戸橋、渓谷左側:高津戸峡遊歩道がある
画像
                        写真Jはねたき公園 左岸下流側
画像
                         写真K高津戸峡 遊歩道案内図
画像
                     写真L遊歩道へ、案内板付近の急な階段
                  ポットホールは階段した河原、右側(上流)の岩です
画像
                      写真Mポットポール、渓谷に降りる階段
  ポットホール(甌穴)は岩のくぼみに落ちた石が水流の力によって回転し、岩盤を削って丸い穴を掘ったものです
     穴の底には磨耗した角の取れた石が残っています。(矢印に従ってお進みください) 案内板より
                    今日は水量が多いため残念ながら見られませんでした
画像
                  写真Nはねたき橋を見る ポットホール付近の渓谷から
画像
                       写真O遊歩道から見え隠れする高津戸橋
画像
                         写真P高津戸橋 左岸下流から
                    橋を渡ると左手に「ながめ公園・ながめ余興場がある

                        +++++ながめ公園・ながめ余興場+++++
                    高津戸峡の眺めが良いことから名付けられた公園
                     秋には「関東菊花大会」が盛大に開催されます
画像
                              写真Qながめ余興場
              昭和12年建築の芝居小屋で玄関は歌舞伎座を模したと言われています
画像
                          写真Rながめ公園からの眺望
 
                        電車時刻にあわせ大間々駅へ 約5分
画像
                     写真S渡良瀬渓谷鉄道 大間々駅(ゴール)

                 ウォーキングシーズンインを感じる日和となりました
           意外性のあった新発見のコース設定と地元の皆さんによるコース誘導、
      いのしし汁・冷茶サービス等のおもてなしに楽しくハイクさせて頂きました、感謝、感謝です

                           今日の万歩計は    
          通常歩行 21909歩しっかり歩行 15005歩 消費i 450`i 歩行距離 11`

                         下記参考に作成しました
                         配布パンフレット及びHP
         みどり市観光ガイド http://www.city.midori.gunma.jp/kankoguide/index.html 見る・学ぶ
         岩宿博物館     http://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/main.html 
         みどり市大間々博物館(コノドント館) http://www.city.midori.gunma.jp/conodont/index.htm 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初秋のひまわりと渡良瀬渓谷ハイキング  トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる