トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山道一番目の宿場 板橋宿を訪ねる JR駅からハイキング

<<   作成日時 : 2011/11/17 13:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

江戸から数え1番目の中山道の宿場として栄えた板橋宿,宿場には本陣や脇本陣、問屋場をはじめ、
旅籠屋や料理屋などが軒を連ね賑わっていました。又、板橋は旧中山道の石神井川に架かる橋で、
板橋の地名の由来となったとも言われています。
近藤勇と新撰組隊士墓所や由緒ある寺院等及び石神井川緑道も散策します。    JR駅からハイキング
                           2011年11月12日(土)
                               コース
 板橋駅〜近藤勇・新撰組隊士墓所〜谷津大観音(寿徳寺)〜東京家政大学博物館〜加賀公園〜板橋〜
           縁切榎木〜日曜寺〜文殊院〜板橋宿本陣跡〜板橋観光センター〜観明寺〜東光寺〜板橋駅

画像
                         写真@板橋駅 東口(スタート受付)
               駅は行政境界(板橋区、豊島区、北区)が交わる位置にあり、
           東口(北区側)をスタートして谷津大観音先の埼京線高架を潜る付近まで北区、
                        ゴールは板橋区側の板橋駅 西口

                       +++++近藤勇・新撰組隊士墓所+++++
画像
                        写真A近藤勇・新撰組隊士供養塔
      慶応4年(1868)4月板橋宿手前の平尾一里塚の刑場処刑された近藤勇の首級は京都に送られた
                 隊士であった永倉新八らの手により、明治9年に供養塔が建立された。
                   土方歳三の名も併記され、敷地内には新撰組の慰霊碑も建つ
画像
                             写真B近藤勇の墓
画像
                              写真C近藤勇像

 ~~~~~次の見学箇所は谷津大観音、紅葉橋(石神井川に架かる橋)へ向かい石神井川遊歩道から大観音へ~~~~
                        目印:滝野川病院前信号 金剛寺

                        +++++石神井川遊歩道を歩く+++++
      石神井川は北区では音無川と呼ばれているようで護岸の両サイドに桜など植栽され桜の名所
画像
                      写真D石神井川遊歩道(右岸)紅葉橋付近
              コース石神井川遊歩道に入った付近で写真左側の塀は金剛寺です 又、
                  塀の先に遊歩道に沿って音無もみじ緑地になっています
画像
                          写真E松橋弁財天洞窟跡
             崖下の岩屋の中に弘法大師の作と云われる弁財天象が祭られていました
           この弁財天に源頼朝が太刀一振を奉納したと伝えられています 案内板より抜粋
画像
                       写真Fマップ(紅葉橋から埼京線高架の間) 
              滝野川橋付近にあるマップで見難いですが埼京線高架まで掲載されています

                        +++++谷津大観音・寿徳寺+++++
画像
                              写真G谷津大観音
                 平成20年に開眼された谷津大観音が石神井川沿いに鎮座する
画像
                         写真H寿徳寺 近藤勇の菩提寺
               ご本尊は乳児を膝の上に抱えた姿の谷津子育観音像(秘仏)です
     板橋駅前の近藤勇・新撰組隊士墓所は当時の境外墓地であり、寺の入口には近藤勇肖像石版も立つ
画像
                         写真I近藤勇肖像石版(寺入口)

        ~~~~~谷津観音〜(埼京線高架下)〜(東橋)〜金沢橋〜加賀公園〜(加賀みどり橋)〜
                             加賀橋〜緑橋〜(帝京大病院付近)〜御成橋〜板橋~~~~~

             +++++谷津観音〜(音無こぶし緑地)(埼京線高架下)〜(東橋)〜金沢橋+++++
                   音無こぶし緑地を過ぎJR埼京線高架を潜りと板橋区
画像
                           写真J石神井川 樹木は桜
                観音橋付近の石神井川左岸遊歩道を歩く 右手は谷津大観音
画像
                        写真K石神井川(金沢橋付近)
                     写真左側に「板橋区立加賀公園が」見える

      +++++金沢橋〜加賀公園〜石神井川遊歩道〜緑橋付近〜圧磨機圧輪記念碑〜緑橋付近+++++
                       +++++板橋区立加賀公園+++++
画像
                        写真L板橋区立加賀公園 案内図
画像
                         写真M加賀藩下屋敷跡の碑
   MN板橋区加賀周辺は江戸時代、平尾邸と呼ばれた加賀藩下屋敷の広大な敷地(21万坪)であったところ
              加賀公園内には築山が残され、加賀藩下屋敷跡の碑が建てられている
画像
                       写真N公園付近の石神井川遊歩道
画像
                        写真O付近の石神井川 樹木は桜

                  +++++圧磨機圧輪記念 加賀西公園内(加賀1-10)+++++
                       コース外ですが近くですので見てきました
画像
                           写真P圧磨機圧輪記念
         明治政府が旧幕臣の沢太郎左衛門を技術指導者に命じ、建設した砲兵本兵廠板橋製では、
                明治9年(1876)に石神井川の水力を利用した火薬製造を始めました。
             この記念碑は、大正11年(1922年)に陸軍省が幕府のよりベルギーから買い求め、
               実際に火薬製造に使用していた圧磨機圧輪を用いて建設したものです
画像
                 写真Q加賀1・2丁目付近マップ 公園内都市計画図より

                +++++緑橋〜(帝京大付属病院付近)〜(御成橋)〜板橋+++++
画像
                           写真R帝京大学病院付近
画像
                                写真S板橋
           旧中仙道の石神井川に架かる橋で板橋の地名の発祥となったと言われています
            以前は太鼓状の木製の橋で、長さ9間(約16,4m)幅は3間(約5,5m)ありました
      昭和7年(1932)にコンクリート製の橋に架け替えられ、昭和47年に石神井川の改修工事に併せて
              現在の橋が完成しました。日本橋より2里25町33間(約10・641km)です

 *****板橋〜縁切榎〜日曜寺〜文殊院〜板橋宿本陣跡〜板橋観光センタ〜観明寺〜東光寺〜板橋駅*****
                        +++++板橋〜中仙道〜縁切榎+++++
画像
                         写真@仲宿商店街から板橋を見る
画像
                         写真A石神井川下流を見る 板橋から
画像
                               写真B縁切榎
               男女の悪縁を切りたいときには樹皮を削ぎとり煎じて相手に飲ませ、
               断酒をするとき自分が飲むと願いが叶うとされ庶民の信仰を集めた
      嫁入りのさいには縁起が悪いとされ、皇女和宮が降嫁の際、この場所を迂回したという逸話が残る

                       +++++縁切榎〜日曜寺〜文殊院+++++
                            中仙道から逸れます
画像
                               写真C日曜寺
画像
                             写真D山門の扁額
             CD正徳年間(1711〜16)の開山。太平洋戦争により伽藍や竹宝類を失うが
          文化12年(1815)に松平定信(吉宗の孫)が奉納した山門の扁額が往時の面影を残す
画像
                               写真E文殊院
画像
                        写真F文殊院山門と延命地蔵堂
                EF板橋宿本陣を勤めた飯田家の菩提寺。山門脇に延命地蔵堂、
                 境内には閻魔堂、足腰の守り神として知られる子の権現がある

           +++++文殊院〜板橋宿本陣跡〜板橋観光センター〜観明寺〜東光寺〜板橋駅+++++
                           旧中山道(仲宿商店街)を歩く
     宿場は日本橋方面から平尾宿・中宿・上宿に分れ、本陣は1軒・脇本陣3軒・54軒の旅篭屋があった
         東海道品川宿・日光街道千住宿・甲州街道内藤新宿とならび、江戸4宿に上げられている
画像
                         写真G旧中山道付近概略マップ
画像
                       写真H板橋宿本陣跡(観光協会HP写真)
                 見過ごしてしまいました。写真は板橋区観光協会HPから拝借しました
                     代々、新左衛門を世襲した本陣飯田家の屋敷跡。
            参勤交代で通行した大名や幕府の公用の武士、僧や公家などが休憩しました
画像
                          写真I旧中山道 仲宿商店街
画像
                           写真Jいたばし観光センター
     区内の名所、旧跡など紹介するパンフレットの配布や観光グッツの販売、パネル展示など行っている
画像
                                 写真K
画像
                                 写真L
                         KL観明寺と山門入口の庚申塔
                  江戸時代、板橋宿の寺として多くの人々の信仰を集めた
            参道入口の庚申塔は寛文元年(1661)造立、青面金剛像が彫られた都内最古 又、
        境内に鎮座する稲荷神社は加賀藩下屋敷に祭られていたが明治になって当手寺に遷座された

                              ~~~~~東光寺~~~~~
画像
                               写真M東光寺
画像
                             写真N境内の庚申塔
画像
                          写真O六道利生の石造地蔵
               MNO江戸時代に加賀公園辺りで創建されたが加賀藩下屋敷開設に辺り
                    延宝7年(1679)この地に移転したと伝えられています
          境内には平尾追分にあった「「六道利生の地蔵尊」や寛文2年(1662)の庚申塔などあります

                  此処で無事終了しました。旧中仙道からゴールの板橋駅へ
       途中コース誘導やポイント案内をしてくださったスタッフの皆さんに感謝、大変お世話になりました
         石神井川の整備された遊歩道や旧中山道に新発見があり、とても良いコースでした
                     再度、桜開花期に計画したいと思っています

                            今日の万歩計は
            通常歩行21584歩 しっかり歩行14525歩 消費i430`i 歩行距離10`

                      記事は下記、参考に作成しました
          配布のJR駅ハイコースマップ、パンフレット、コース上の案内板及び観光協会HP
          板橋区観光協会 http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/003/003793.html 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中山道一番目の宿場 板橋宿を訪ねる JR駅からハイキング トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる