トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 水と緑の東村山ウォーク  久米川駅から東村山駅へ 西武ウィークディハイキング 

<<   作成日時 : 2012/06/25 07:18   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

緑豊か狭山丘陵を抜け、東京都の水がめの一つ多摩湖への道をたどります。
帽子のような屋根が可愛い取水口や満々と水をたたえた湖面の風景を楽しんだ後は、
170種類、約10万本の花菖蒲が咲き競う北山公園、更に、国宝の地蔵堂で知られる正福寺を訪ねます
                                      主催 西武鉄道 ウィークディハイキング
                         2012年6月20日(水)
                           コース概略
    久米川駅〜東村山中央公園〜狭山・境緑道〜狭山自然公園〜多摩湖〜北山公園〜
                    正福寺〜ワンズタワー2F産業観光案内コーナーゴール受付 東村山駅

  *****久米川駅〜八坂駅前(陸橋)〜踏切(西武国分寺線)〜東村山中央公園〜歩道橋(多摩湖線)〜
                        武蔵大和駅手前付近 ガード潜る〜水門 狭山自然公園入口 *****
画像
                   写真@久米川駅 受付 コースマップ受取りスタート
画像
                          写真A八坂駅方面への遊歩道
           受付を済ませ北口商店街から西武新宿線踏切をわたるり八坂駅方向、歩道へ
               この区間の歩道は野火止用水を暗渠し整備した遊歩道だろうか・・・
             地図確認すると新青梅街道・八坂交差点の区間付近に用水が流れている
画像
                             写真B八坂駅陸橋へ

                   ~~~~~多摩湖自転車道路(都立狭山・境緑道)へ~~~~~
                             概  要 
     東大和市武蔵大和駅から武蔵野市千川上水交差点までの自転車道10,2キロのコースです。
  生活に必要な水を山口・村山貯水池から境浄水場に送るため、大正12〜14年(1923〜1925)に造られた
            水道施設を利用して散策路、サイクリングロードとして設けられたものです
          この道には昔のままに復元された水門や水を表す石の彫刻が置かれています
         これらの石は一里塚のようにコースを結び[伝え石]として時代とともに移りかってきた
                      水の文化と歴史を今に伝えています。そして、
              この道は山と町を繋ぎし自然と人々を結ぶ[水の道]です    案内板より
   この付近に狭山・境コースの概要 案内板があるが、残念ながら汚れ、判別しにくい、他の場所より使用
画像
            写真C都立狭山・境緑道(多摩湖自転車・歩行者道路)マップ クリック拡大
画像
                           写真D西武国分寺線 踏切
画像
                   写真E多摩湖自転車道路 左斜面 西武多摩湖線

                          多摩湖自転車道路から逸れて
画像
                        写真F東村山中央公園マップクリック拡大
                 AからD地点へ園内散策  マップ上に西武多摩湖線が通る
             狭山・境緑道に隣接しており、サイクリングロードのオアシスになっています
画像
                        写真G園内 ゲートボール場付近
画像
                         写真H西武多摩湖線 歩道橋から

                            再び多摩湖自転車道路へ
画像
                   写真I 多摩湖自転車道路 左斜面 西武多摩湖線

           狭山堀橋(空堀川に架かる橋)を過ぎ、右に[水道局東村山浄水場]を見ながら歩を進める
                        この付近は自転車道始点から9・8キロ
画像
                          写真J西武多摩湖線 ガード潜る
          ガードを潜ると右手は武蔵大和駅、そして都立狭山自然公園になる、公園南門入口は近い
画像
                           写真K歴史を今に伝える水門
                   昔あった水門を2分の一復元したものです  案内板より
画像
                         写真L都立狭山自然公園 南入口

                   *****都立狭山自然公園と多摩湖(村山貯水池)*****
                    ~~~~~都立狭山自然公園  西武鉄道パンフより~~~~~
   多摩湖(村山貯水池)の堰提の東側に広がり、豊かな自然と眺望で多くの人に親しまれています
                    春にはソメイヨシノ等の多種の桜で知られています。又、
                    カッコウ、ホトトギスなど都内では珍しい鳥が見られます
 
                          ~~~~~多摩湖(村山下貯水池)~~~~~
        新東京百景の一つです。正式には村山貯水池といい、多摩川の水を貯水する人造湖です。
      東京の水がめとして大正5年(1916)から昭和2年(1927)めで10年以上の年月をかけて造られました
                      面積は市域の約4分の一を攻めます    パンフより
                        堤体は地震時にも高い安全を確保するため
                 平成15年から平成21年にかけて堤体の耐震強化工事を行い、より
                 強固なダムとして生まれ変わりました。平成21年4月 東京都水道
画像
                   写真@都立自然狭山公園・多摩湖マップ クリック拡大
                         正門付近のマップを掲載しています

                   ~~~~南入口〜宅部池〜滝見橋(余水吐き)〜堤体~~~~~
画像
                          写真A宅部池(たっちゃん池)
          丘陵の湧水や多摩湖からの流水で出来た池で、その周辺には遠路が巡らされています
画像
                          写真B余水吐き  滝見橋から
           村山貯水池のオーバーフォロー(越流水)を宅部川に流すために造られた水路です
               落差30bの落差工(12段)石張りのアーチ風段差工となっており、
               流れ出る水の勢いを抑えるため、このような段差が付いています
           貯水池満水時における堤体保護の為の緊急対策施設として設置されています
        余水吐き2号橋(滝見橋)は大正時代に構築されたものです  南、東屋にある案内板より

                          ~~~~~階段を登り多摩湖堤体へ~~~~~
                           堤防からはの眺望は素晴らしい
画像
                         写真C登り階段から 北方向を見る
                     左、堤防、正面、西武遊園地、右下、狭山公園
画像
                     写真D日本で一番美しい取水塔 第1・第2取水塔
                     村山下貯水池、第一取水塔は大正14年7月完成、
            奥にある第二取水塔は取水量を増やすために昭和48年2月完成しました
            玉川上水の始点であります羽村取水堰から地下導水管により原水を導き
       村山上・村山下貯水池にいったん貯留し、東村山、境、朝霞の各浄水場に送水しています
               村山下貯水池第一取水塔は、日本でも一番美しい取水塔といわれ
       ネオ・スネスサンス様式で、レンガ造りの円筒に丸いドーム状の屋根が特徴です 案内板より
画像
                         写真E堤体から北方向を見る
                   対岸(北側、東屋)に西武遊園地、ホテル鞠水亭が見える

                                 南東屋
画像
                     写真F多摩湖と堤体 北方向を見る 南東屋から
画像
                            写真G旧親柱と案内版
                 親柱と案内版 昭和2年の提体完成時の親柱です
       太平洋戦争時に爆弾から堤体を保護する為の耐断層に、下から半分程が埋まり露出部は
                    カムフラージュの為、黒く塗ってありました
          堤体強化工事に伴い耐弾層、撤去によって建設当時の親柱全体が出現しました
          東京都水道局では当時の土木技術を後世に伝える貴重な近代土木遺産として、
               此処に一部を保存・展示しています    案内板より  東京都水道

                          堤体を南側(東屋)から北側(東屋)へ
   堤防からの眺望は上流方向(西)に向かって湖面から取水塔、貯水池林、村山上貯水池堤防、遠景には
         奥多摩の山並みが一望できます。更に良く晴れた日には富士山も眺めることができます。
   下流方向(東)には、眼下に都立狭山自然公園の緑が見渡せ春には一面に咲く桜を眺めることができます
              遠景には狭山丘陵東端部の八国山の緑や東村山の市街地、さらに、
              良く晴れた日に新宿副都心のビル群が一望できます。案内板より
            さらに何時の日か[東京スカイツリー]が付け加えられることでしょう〜ね 
画像
             写真H東京スカイツリーが僅かに見えています 堤体上から クリック拡大

                                北側東屋
画像
                      写真I堤体(西側)と南方向を見る 北東屋から
画像
                      写真J旧高欄と堤体上 南方向を見る
                   此処にある高欄は昭和2年完成時に設置されたものです
                 村山貯水池には太平洋戦争時に爆弾から堤体を保護する為の
                 耐断層(玉石をつみ、コンクリートで固めたもの)がありましたが、
        堤体の強化工事に伴い耐断層を撤去したところ、この高欄が建設当時のまま出現しました
            東京都水道局では当時の土木技術を後世に伝える貴重な近代土木遺産として、
                此処に一部を保存・展示しています    案内板より  東京都水道局
画像
                   写真K村山下貯水池(多摩湖)案内図 クリック拡大
画像
                      写真L堤体東側と都立狭山公園 北東屋から
                      この堤防を下り狭山自然公園を通り正面出口へ

  *****北側東屋(多摩湖)〜狭山公園 正面〜八国山たいけんの里〜西武線、線路沿い〜北山公園〜
           正福寺〜弁天公園〜(弁天橋)〜東村山駅 ワンズタワー2F産業観光案内コーナー*****

                     公園正面出口〜北側沿い〜八国山たいけんの里
画像
                           写真@北川沿いの遊歩道
画像
                          写真A八国山たいけんの里
     八国山緑周辺の動植物、環境、遺跡や暮らしなどを題材とした展示があり様々な体験学習が出来ます

                         西武西武沿線沿いに歩を進める
                             ~~~~~北山公園~~~~~
                6月は花菖蒲の開花にあわせ[東村山花菖蒲祭り]を開催
               狭山丘陵を背景にした自然公園で新百景に選ばれています
          面積約63000uの菖蒲田には約200種類8000株の花菖蒲が6月には見頃を向かえ、
         品種により早生、中生、晩生と分かれ様々な種類の花を楽しめます  パンフより抜粋
画像
                         写真B北山公園案内図 クリック拡大
画像
                                 写真C
画像
                                 写真D
画像
                          写真E園内展望台から
画像
                                 写真F
画像
                            写真G正面付近から

                           北山公園から正福寺へ
画像
                       写真H正福寺 千体地蔵堂本尊(国宝)
                金剛山と号し、鎌倉の大本山建長寺末に属する臨済宗のお寺です
                     境内の地蔵堂は都内唯一の国宝建造物です
             堂内には江戸時代の地蔵信仰により多くの小地蔵尊像が奉納されています
                 山門は東村山市指定有形文化財 建築様式は四脚門で切妻、
              昭和48年に茅葺から茅葺形銅板葺に改修されました   案内板より抜粋
画像
                               写真I弁天公園
                         ゴールの東村山駅までは僅か・・・

                          今日も無事に終了しました
   高速台風の列島縦断、被害も無く安堵、雨も上がり台風一過の好天気になって、急遽のハイキング参加
   コースは四季折々楽しめる樹木や植物があり自然を感じ、又、暑さをも忘れさせた素晴らしいコースでした
                     桜やツツジの開花時に再度歩きたいです 

                              万歩計は
    通常歩行 18235歩 しっかり歩行 13335歩 歩行距離12` 消費i 413`i 脂肪燃焼 53c

                         下記参考に作成しました
                コース上の案内板やパンフレット及び下記公式HP
        西武鉄道ハイキングマップ http://www.hikingmap.jp/index.html のんびり散歩〜
      東京都公園協会公式HP http://www.tokyo-park.or.jp/ 公園へ行こう 〜公園・庭園を探す






 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水と緑の東村山ウォーク  久米川駅から東村山駅へ 西武ウィークディハイキング  トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる