トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 咲き乱れる紫陽花の中で芭蕉と与一を偲ぶ JR駅からハイキング

<<   作成日時 : 2012/07/03 07:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

俳聖「松尾芭蕉」と弓の名手「那須与一」ゆかりの地をめぐります
紫陽花まつりのメイン会場である黒羽城址公園では、公園を埋め尽くす6000株の紫陽花をご堪能下さい
紫陽花まつりは、県内外から10万人以上が来場する大田原市を代表するお祭りです  JR駅ハイキング
                          2012年6月30日(土)
                             コース概略
受付(道の駅那須与一の郷)〜那須与一伝承館〜那須神社〜集験光明寺跡〜常念寺〜明王寺〜
                高岩園〜鮎の里公園〜大雄寺〜旧浄法寺邸〜芭蕉の館〜紫陽花祭り会場(ゴール)

                         道の駅 那須与一の郷
       平成16年4月大田原市の農産物及び地域特産品の紹介、地域情報の発信を目的にオープン
               情報館、加工・物産品館、農産物直売館、レストラン館、などがあり、又
          那須与一ゆかりの地として那須家の資料を展示する[那須与一伝承館]のあります
画像
                              写真@駅ハイク受付
           西那須野駅から駅からハイキング専用バスにて道の駅、那須野与一の郷へ(無料)
画像
                           写真Aお出迎えの与一くん
                 「全国ゆるキャラグランプリ」で、350体の中で全国第4位入賞
画像
                              写真B那須与一像
画像
                            写真C那須与一伝承館
         展示室には那須家伝来の宝物はじめ貴重な資料が展示されています  有料 大人300円
画像
                              写真D扇の的劇場
            屋島の合戦で那須与一が扇の的を射抜いたエピソードを、映像とからくり人形で再現
画像
                    写真E駅からハイキングコースマップ クリック拡大

          *****道の駅〜那須神社〜修験光明寺跡[句碑A]〜常念寺[句碑@]〜
                            明王寺[句碑D]〜(高岩神社) 高岩園〜鮎の里公園*****

                           芭蕉の里 芭蕉黒羽句碑めぐり
画像
                    写真Fくろばね句碑めぐりマップ クリック拡大
            配布のスタンラリーマップ使用 句碑BCIは駅からハイキングのコース外です
画像
                            写真G那須神社 楼門
画像
                             写真H那須神社 拝殿
   GH延暦年中(782〜806年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたと伝えらる
  その後、天正5年(1577年)には黒羽城主関氏によって本殿・拝殿・楼門が再興されたと社記は伝えています
           社宝には与一公が扇を射落としたお礼に、奉納したと伝えられる太刀があります
                     色鮮やかな楼門・本殿は栃木県指定有形文化財です
                       又、拝殿前に配置されている石灯篭一対は
         寛永19年(1642)黒羽藩主大関土佐の守高増が奉納したという名文が刻されています
                  案内板抜粋 太田原市指定文化財   大田原教育委員会
画像
                          写真I修験光明寺跡[句碑A]
画像
                            写真J常念寺[句碑@]
画像
                            写真K明王寺[句碑D]

                       高岩園は高岩神社が目印 神社境内を通る
                               ~~~~~高岩園地~~~~~
                     那珂川に張り出した岩の造形が見られる景勝地
画像
                     写真L高岩園地と那珂川 正面は高岩大橋
                         高岩大橋を渡ると鮎の里公園
画像
                          写真M奇岩、高岩 振返って撮影

                               高岩大橋を渡って
画像
                          写真N鮎の里公園と案内板
            天然遡上 日本一!! 鮎の那珂川の幟りが目立つ  園内には[鮎の碑]がある
画像
                  写真O俳聖松尾芭蕉と黒羽 案内板より複写 クリック拡大
画像
                写真Pくろばね句碑めぐり10 案内板より複写 クリック拡大

           *****鮎の郷園〜大雄寺〜芭蕉の道(芭蕉公園 旧浄法寺邸)〜芭蕉の館〜
                                 黒羽城跡公園 紫陽花祭り会場〜駐車場*****
画像
            写真@芭蕉の館周辺図と句碑 クリック拡大 配布のスタンラリーマップ使用

                      ~~~~~大雄寺  黒羽藩主大関家の菩提寺~~~~~
                       黒羽藩主大関家の檀那寺として歴史も古く
         建物は総カヤ葺きで伽藍の本堂、坐禅堂、庫裡、回廊など室町時代の様式を残す禅寺です
             ※牡丹見頃 4月下旬〜5月中旬  ※紫陽花の見頃 6月下旬〜7月中旬
画像
                               写真A三門
                       駐車場前の参道入口の石段を登ります
画像
                              写真B境内案内図
画像
                               写真C総門
                      門の左右には廻廊があります 県文化財指定
画像
                                写真D本堂
画像
                                写真E廻廊
画像
                              写真F坐禅堂

                   ~~~~~芭蕉の道(句碑E〜句碑F〜句碑G〜句碑H)~~~~~
      那須黒羽ペンション入口から浄法寺桃雪邸跡を経て芭蕉の広場へと続く約800メートルの遊歩道
    ここは山辺の小道を思わせ、芭蕉と黒羽くろばねのむかしを思いながら文学散歩と旧跡探訪ができます
         道程のなかに休憩所と句碑「行く春や」「山も庭も」「田や麦や」「鶴鳴や」等があります
画像
                  写真G芭蕉に道入口付近 句碑E(駐車場 茶屋前)
画像
                             写真H芭蕉公園入口
                芭蕉の句碑、浄法寺桃雪邸跡、芭蕉の広場、芭蕉の館へと続きます
画像
                        写真I芭蕉の里説明版 クリック拡大
画像
                               写真J句碑F
画像
                          写真K旧浄法寺邸(石段上)
      松尾芭蕉と曾良は元禄2年4月4日(陽暦5月22日、1689年)に浄法寺図書(俳号桃雪)に招かれた
                 一族をあげて歓待したのでずい分居心地がよかったのでしょうか、
             黒羽で十三泊、十四日の長逗留であり、とりわけ浄法寺邸には八泊しました
画像
                               写真L句碑G
画像
                               写真M芭蕉の道
画像
                           写真N芭蕉の広場 句碑H
画像
                              写真O芭蕉の館
           芭蕉に関わる資料と黒羽藩主大関家の資料を展示しています。入館料 300円
             館の庭には文学碑や芭蕉が馬に跨り曾良を従えているブロンズ像があり、
                      当時の芭蕉の旅の姿がしのばれます

                       ~~~~~黒羽城跡公園 紫陽花祭り~~~~~
        黒羽(くろばね)城は、天正4年(1576)に大関高増が築城し、県北最大の規模を持つ城郭でした
           現在、城郭の跡は土塁、空濠、水濠などが保存され、当時のおもかげを残しています
           本丸跡から北西に那須ヶ原の田園風景が開け、那須、日光連山が一望できます
              眼下には那珂川の清流があり、城址公園として親しまれています。また、
      4月にはさくらまつり、6月下旬から7月上旬には6000株の紫陽花が咲き、紫陽花まつりが開催されます
                   祭り開催期間:2012年6月23日(土)〜7月16日(日)
画像
                            写真P黒羽城跡公園へ
画像
                        写真Q黒羽城跡公園への歩道橋から
画像
                              写真R本丸跡付近
画像
                      写真S展望台方向を見る 文化伝承館横から
画像
                           写真21 駐車場への途中で

                          イベントコーナーでゴール受付
       此処で今日のハイキングは終了しました。駅からハイキング専用バスで西那須の駅へ約30分
       施設での見学時間、芭蕉句碑めぐりと紫陽花祭りと歩く距離より見所の多い楽しいコースでした
           そしてコース途中での冷茶の接待など、今日は暑かっただけに有難かったです
              地元の方々の心温まる歓迎に感謝、感謝です。お世話になりました

                              今日の万歩計は
          通常歩行16057歩 しっかり歩行11041 消費i502`i 歩行距離9` 消脂肪燃焼39g

画像
                   芭蕉の里 くろばね句碑めぐりスタンプ クリック拡大
                  句碑NOBCIはコース外の為、事前に押印されていました

                         下記参考に作成しました
                  コー上の案内板、配布のパンフレット及び下記HP
               那須与一の郷HP http://www.nasuno-yoichi.jp/index.html 
     大田原市観光協会HP トップ http://www.ohtawara.info/news.html 〜黒羽紫陽花祭り 名所・旧跡

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
咲き乱れる紫陽花の中で芭蕉と与一を偲ぶ JR駅からハイキング トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる