トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 見沼代用水路東縁沿い(緑のヘルシーロード)を歩く 東武線七里駅からJR蓮田駅へ

<<   作成日時 : 2012/10/02 17:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

行田市利根大堰で取水された見沼代用水路沿いの整備された[緑のヘルシーロード]
今日は、前回ゴール駅の野田線七里駅からスタート、更に上流の蓮田駅まで歩く、気ままなハイキング
今回の見所は見沼代用水が東西に分かれる瓦葺分水工・瓦葺掛樋[見沼代用水掛樋史跡]
                        2012年09月29日(土)
                          コース概略
     東武野田線 七里駅〜見沼代用路東縁(緑のヘルシーロード)〜掛樋史跡公園〜JR蓮田駅

    *****七里駅〜(野田線踏切)〜(稲荷台橋)〜(入山橋)〜(海崎橋)〜
                   行政境界付近(上尾・さいたま市)〜坂下橋 16号線陸橋〜
          (大島橋) JR宇都宮線橋梁 宮浜踏切〜掛樋史跡公園(瓦葺分水工 瓦葺掛樋)*****
画像
                            写真@東武野田線橋梁 
             七里駅東側約500b 見沼代用水路にかかる東武野田線橋梁 直上流から

                   +++++見沼代用水東縁 緑のヘルシーロード+++++
画像
                             写真A小深作付近

                ~~~~~稲荷橋〜(中島橋)(入山橋)(海崎橋)〜市境界付近~~~~~
                         (用水路左岸 深作 右岸 春岡)
画像
                                 写真B
画像
                                 写真C
画像
                       D市の境界域付近(上尾・さいたま市)
    遊歩道側の繁みと用水路を挟んでロジャースが見える付近  手前 さいたま市丸ヶ崎から上尾市瓦葺へ
                      東側に車の多い道路が見えるが国道16号線

    ~~~~~市境界付近〜坂下橋 16号線陸橋〜大島橋 JR宇都宮線橋梁 宮浜踏切〜掛樋史跡公園~~~~~
画像
                        写真E16号線陸橋下を流れる用水路
                         手前用水路に架かる橋は坂下橋
画像
                     写真FJR宇都宮線橋梁 右方向が蓮田、宇都宮
                   宇都宮線踏切を越えると掛樋史跡公園までは約500b
画像
                                 写真G
画像
                  写真H緑のヘルシーロード案内図 案内板複写 加筆

                       ~~~~~見沼代用水東西縁の分水地点~~~~~
       行田市の利根大堰から取水された用水は、此処で東縁と西縁の水路に別れます
画像
                       写真I見沼代用水東西分水工 下流を見る
画像
                     写真J見沼代用水東西分水工出口 下流より
             写真左側(仕切りを挟んで)が西縁用水路と手前側 東縁用水路の出口
                        綾瀬川を伏越して此処に出てきます
画像
                      写真K名盤[瓦葺伏越]昭和36年3月竣工

 *****掛樋史跡公園〜立会橋〜瓦葺調節堰 見沼代用水路東西縁竣工記念碑〜御前橋〜JR蓮田駅*****
                       ~~~~~掛樋史跡公園(瓦葺掛樋)~~~~~
画像
                            写真@掛樋史跡公園
画像
                      写真A掛樋史跡公園 レリーフと解説版
                             見沼代用水掛樋史跡
               見沼代用水は、享保13年(1728)に開削された農業用水です
              この用水路は総延長84kmで、途中に他の川との交差があります
       このようなところでは川の下を潜る[伏越]や川の上を樋で渡す[掛樋]によって水を通しました
               瓦葺掛樋は、綾瀬川を木製の大きな樋で渡したもので、その後、
                  明治41年に煉瓦と鉄による丈夫な樋に改造されました
                  現在の用水は、川の下を潜る方法に変わっていますが、
            昔、掛樋の一部として使用していたレンガ製翼壁などが、今も残っています
                     平成元年2月 上尾市教育委員会    案内板抜粋
画像
                    写真B掛渡樋レリーフ 案内板レリーフ複写 加筆
画像
              写真C掛樋の一部として使用していたレンガ製翼壁 史跡公園内から
                      レンガ先端に綾瀬川が流れ、立会橋があります

                           史跡公園から立会橋を渡る
画像
                        写真D綾瀬川下流を見る 立会橋から
                  左右に延びる架線はJR宇都宮線 橋は宇都宮線橋梁です

                               立会橋を渡って
画像
             写真E掛樋の一部として使用していたレンガ製翼壁 立会橋左岸橋の袂から
                    綾瀬川対岸に上尾市立瓦葺中学校 左側に立会橋
画像
               写真F綾瀬川に延びる赤レンガ 橋を渡ったところに掛樋史跡公園
画像
                        写真G瓦葺調節堰(瓦葺伏越の入口)
                  写真の左が東縁用水路、右が西縁用水路  上流から撮影
              見沼代用水は、綾瀬川を横断(伏越)する前に、東西に分水されている
画像
                      写真H見沼代用水路東西縁竣工記念碑
                     さいたま県知事 畑 和書  平成元年3月吉日

                         緑のヘルシーロードを御前橋へ
画像
                                 写真I
画像
                                 写真J
画像
                              写真K見沼代用水路
画像
                      写真L御前橋(蓮田・鴻巣線に架かる橋)
画像
                    写真M蓮田駅へ(蓮田・鴻巣線) 駅まで約800b

                        駅到着で、無事に歩くことが出来ました
              台風17号、18号の影響で天気が不安定も、今日は両台風の谷間の好天、
                  当日友人との意気投合で実行、楽しくハイキングできました
                      ご同行の友人に感謝です。有難うございました

                              今日の万歩計は
         通常歩行17669歩 しっかり歩行12374歩 消費i 362`i 歩行距離 9` 脂肪燃焼 47g

                            下記参考に作成しました
                         パンフレット、コース上の案内板
                               参考になるHP
             見沼代用水のページ http://www.ne.jp/asahi/saitama/jt/minuma.htm


 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見沼代用水路東縁沿い(緑のヘルシーロード)を歩く 東武線七里駅からJR蓮田駅へ トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる