トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 武蔵武士 畠山重忠のふるさとをめぐる JR・秩父鉄道共同開催

<<   作成日時 : 2012/11/07 19:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

武蔵武士の鑑といわれる畠山重忠のふるさとでゆかりの史跡をめぐり、重忠や武蔵武士について学びます。又、
当日は埼玉県農林公園では「畠山重忠講演会」「彩の国食と農林業ドリームフェスタ2012」がで開催されます
                          JR駅からハイキング

                          2012年11月04日(日)
                             コース概略
  深谷駅〜専用バス(無料)〜六堰頭首工・滝不動〜鶯の瀬〜井椋神社〜満福寺〜畠山重忠史跡公園〜
                 埼玉県農林公園 ドリームフェスタ〜川本出土文化財管理センター〜秩父鉄道武川駅
画像
                              写真@深谷駅
         現在の駅舎は平成8年(1996)、東京駅の丸の内側駅舎をモデルにした赤煉瓦風の造り
                    平成11年(1999)には関東の駅100選に選ばれています
画像
                            写真Aスタンラリー表紙
画像
                                写真Bコース
                            @AB深谷駅で受付を済ませ
           駅からハイキング[専用バス]で六堰頭首工傍のコンビニファミリーマート駐車場へ
         
         *****六堰頭首工・滝不動〜鶯の瀬〜井椋神社〜満福寺〜畠山重忠史跡公園*****
                       ~~~~~六堰頭首工・滝不動~~~~~
    江戸時代、荒川には六つの堰があり、渇水時には水争い、洪水時には施設の流失が繰り返されました
       昭和14年、安定供給の為、堰が統合され[六堰頭首工]が完成しましたが、環境の変化に伴い、
                  平成18年に新たな[六堰頭首工]が整備されました
画像
                   写真C滝不動 荒川上流左岸、六堰管理事務所奥
               不動明王が祭られたとされる神秘的なスポット。不動堂の崖下にある滝は、
                     不動明王の霊感があるといわれています。又
                  此処には滝の渡しといわれる永田と畠山間の渡しがありました
画像
                   写真D六堰頭首工 荒川左岸上流の滝不動付近から
      六堰の上に掛けられた橋は地域に由来のある畠山重忠公の名前から[重忠橋]と名づけられました
画像
                        写真E荒川下流を見る 重忠橋から
              写真右側森の中に史跡 鶯の瀬案内板があり、手前方向が鶯の瀬になる
画像
                          写真F重忠橋 右岸橋詰から
                         六つの堰の上に架けられています
画像
                        写真G六堰頭首工 右岸上流から
     対岸には取水口が見られ、写真手前には流水改善水路、階段式と緩勾配式の2種類の魚道がある

                          重忠橋から右岸側を下流へく
画像
                        写真H六堰頭首工を右岸下流から見る
画像
                              写真I荒川と鶯の瀬
画像
                              写真J史跡 鶯の瀬
        IJ重忠が榛沢六郎成清の館(現深谷市後棒沢)に行った帰り洪水で荒川を渡れないときに、
              一羽の鶯が鳴いて浅瀬を教えてくれて渡る事ができたと伝えられています
                       その故事を詠んだのが次の歌である
              「時ならぬ 岸の小笹の 鶯は 浅瀬たずねて鳴き渡るらん」が刻まれている
                            案内板抜粋  埼玉県
画像
                              写真K井椋神社
 満願寺の北にあり、畠山氏が秩父からこの地に進出してきた際に、秩父市にある椋神社を勧請したと伝えられ、
 椋神社は代々秩父平氏の守護神として崇敬されており、当井椋神社も畠山氏の守護神だったと推定されます
画像
                              写真L満福寺 本堂
                  白田山観音院満福寺と云う、新義真言宗豊山派の寺院
            平安時代の開基で畠山重忠が寿永年間(1182〜83)再興し菩提寺とした
                       現在の建物は江戸時代以降のものです
画像
                             写真M満福寺 観音堂
         畠山重忠等身大の千手観音立像があります。写真右奥に重忠廟の石碑、板碑などがあります

                          ~~~~~畠山重忠公史跡公園~~~~~
                    公園には重忠が誕生したと伝えられる館跡を初め、
             産湯の井戸、畠山重忠の墓(埼玉県指定史跡)や6基の五輪塔などがあります
                   有名な逸話で、一の谷の戦いでの[鵯越え(ひよどりごえ)]で
               愛馬[三日月]を背負って坂を下ったとされる雄姿を現した6mの銅像もある
画像
                           写真N畠山重忠公史跡公園
画像
                            写真O畠山重忠の銅像
画像
                               写真P五輪塔
                五輪塔6基が[畠山重忠の墓]として埼玉県史跡に指定された
                      正面大きな五輪塔が重忠の墓と言われている
画像
                             写真Q重忠産湯の井戸
                長寛2年(1164)畠山の地(深谷市)に誕生したといわれ、その際に、
                   この井戸の水が産湯として用いられたと伝えられています

       *****重忠公園〜本田城跡〜埼玉県農林公園〜双体道祖神〜(植松橋)〜
                    川本出土文化財管理センター(川本公民館傍)〜秩父鉄道武川駅*****
画像
                               写真@本田城跡 
                    鎌倉時代か室町時代に築城されたとかんがえられ、
          畠山重忠の郎党本田近常一族の館跡といわれています。空堀や土塁が一部残存している

                          ~~~~~埼玉県農林公園~~~~~
                 公園内では、深谷の魅力を発信する[深谷博覧会]及び
        県内最大級の農林祭である[彩の国 食と農林業ドリームフェスタ]が開催されていました
画像
                          写真@農林公園マップ クリック拡大
画像
                               写真A公園正門
画像
                                 写真B
画像
                                 写真C

       ~~~~~農林公園〜双体道祖神〜植松橋〜川本出土文化財管理センター(川本公民館傍)~~~~~
           県道69号線(深谷、嵐山線)を深谷方向へ 荒川に架かる橋を越えると武川駅
画像
                           写真D双体道祖神 69号線沿い
                         男女の神像が手を握り合った双体道祖、
               道中の悪霊を防ぎ、通行人を守る神として寛政12庚申年(1800)に建立

                           荒川に架かる植松橋を渡る
画像
                        写真E荒川下流を見る 植松橋から
          川本出土文化財管理センターは橋を渡り荒川左岸堤沿いを進むと左前方にあります
画像
                    写真F川本出土文化財管理センター 公民館傍
       文化財保護事業の拠点。深谷市内で発掘された出土品の保存管理を目的として設置、館内では
              郷土の偉人畠山重忠をはじめ、武蔵武士に関する貴重な品々を展示している
               ゴール秩父鉄道武川駅へ此処から約10分電車時刻に合わせ見学する
画像
                         写真G秩父鉄道武川駅  ゴール

                   此処で今日も無事に楽しくハイキングできました
                快晴の秋空のハイキング 以前歩いているコースですが、
       地元の方々によるコース誘導、案内や心温まる歓迎に感謝、感謝です。お世話になりました。

                             今日の万歩計は
        通常歩行22090歩 しっかり歩行14912 消費i502`i 歩行距離11` 消脂肪燃焼58g

                         記事は下記、参考に作成しました
                配布のJR駅ハイコースマップ、パンフレット、コース上の案内版

                      小生の関連記事、お手隙にご訪問ください
            荒川中流域 六堰頭首工と白鳥飛来地 畠山重忠史跡公園など探勝ウォーク
                   http://68535631.at.webry.info/200910/article_8.html  




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武蔵武士 畠山重忠のふるさとをめぐる JR・秩父鉄道共同開催 トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる