トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮代町郷土資料館の特別展関連 歴史ウォーク 杉戸宿を歩く

<<   作成日時 : 2012/12/19 18:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

                          2012年12月8日(土)
宮代町郷土資料館は「特別展 杉戸宿と百間領の村々」を宮代町・杉戸町教育委員会の共催で開催
その開催期間中に、歴史ウォーク、第1回「杉戸宿御伝馬道を行く」 第2回「杉戸宿を歩く」企画
@A回共に参加しましたが第2回目をレポートします
                             コース概略
       東武動物公園駅〜中央公民館〜東福寺〜近津神社〜
                    日光道中杉戸宿(新町から横町)〜古利根川沿い〜東武動物公園駅

                     ~~~~~駅〜中央公民館〜東福寺〜近津神社~~~~~
画像
                         写真@東武動物公園駅 東口
                1899年(明治32年)8月 杉戸駅として開業し昭和4年日光線開業
                         昭和56年3月東武動物公園になる
                     開業当初の駅前停車場線は当時桜並木だった
画像
                 写真A杉戸宿マップ-1 クリック拡大 案内板より複写加筆
画像
                   写真B駅前停車場線 公園駅を見る 古川橋橋詰から
画像
                       写真C同、古川橋から旧街道方向を見る
                      古川橋は古利根川に架かる橋、駅前道路は
               駅から国道4号線まで約900b、旧街道筋を貫いて造られた直線道路
画像
                              写真D東福寺
          明治22年に誕生した杉戸町の最初の町役場、埼葛地区の自由民権運動の中心地
        寺は、創立年代は不明であるが元和元年(1615)上杉戸から現在地に移したと伝えられる
               門前に通る道は、南側用水路、平成期に暗渠化され地上は遊歩道
                    **途中にある中央公民館は旧杉戸小学校**
画像
                          写真E杉戸キリスト教会
                 杉戸キリスト教会は埼玉県2番目の教会 隣にJAみずほ杉戸
                      隣のJAみずほ杉戸を挟んだ道を入ると近津神社
画像
                    写真FJAみずほ杉戸から街道筋を見る マップB
              整備された遊歩道は南側用水路、案内板がJA前に設置されている また
                        日光道中を渡る所には土橋があった
              南側用水は江戸期万治3年(1660)葛西用水路の支線として開削された
画像
                             写真G近津神社
                     清地村の鎮守、平成17年ごろ放火で焼ける
            昔は、写真右前方(東側)に弁天池があって浮世絵の構図になっている
         神社の創建は不明で貞亨元年(1684)には本社を建立しているので、それ以前と思われる
                         安政5年(1858)に社殿を再建した
             関東大震災で拝殿が全焼したが昭和4年再建、平成5年に放火で焼ける

         *****新町(上杉戸組)〜下町〜中町〜上町〜河原組〜
                     横町(内蔵組、雅楽組、与左衛門組、舎人組)〜九軒茶屋*****
                            日光道中杉戸宿
          天保14年(1843)には杉戸宿の長さ16町55間、道幅5間、家数365軒、人数1663人、
              本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠屋46軒とあります。中町に本陣と脇本陣2軒、
             下町に問屋場、上町に高札場があり上町から下町が宿場の中心地であった
                         特別展杉戸宿資料より抜粋
画像
                 写真@杉戸宿の構成 特別展杉戸宿資料より クリック拡大
画像
                          写真A日光道中 新町南側
                  左手に見える扇屋は旅籠屋 清地村と杉戸宿との境付近から
                              境は東福寺の参道
画像
                         写真B埼玉りそな銀行付近 マップC
               此処は新町 以前は吉野家作兵衛商店(呉服屋)、その後、杉戸銀行跡
画像
                  写真C神明社(新町北側の鎮守) りそな銀行裏手にある

                            ~~~~~此処から下町~~~~~
画像
                         写真D旅籠屋 釘屋嘉右衛門宅跡
              釘屋は十返舎一九が書いた「奥羽一覧道中膝栗毛」に出てくる宿、内容は
                   先生である延高、築羅房、野次郎兵衛、喜多八の4人で
                杉戸宿、旅籠屋 釘屋嘉右衛門宅に泊まった事が記されている
           右手隣は新町になるが名主渡辺長左衛門宅跡、子孫渡辺徳太郎は初代杉戸町長

                        ~~~~~下町 問屋場 マップD~~~~~
画像
              写真E杉戸宿の問屋場説明 特別展杉戸宿資料より クリック拡大
画像
                          写真E下町 問屋場付近
画像
                      写真F問屋場跡&明治天皇御小休所阯
                        (現在の三井住友信託銀行敷地)
                         ポスト脇に明治天皇御小休所阯
             明治9年(1876)には、明治天皇東北巡幸の際、ここ六区務所跡で休憩した
                        銀行敷地内に石碑が建っています
                       明治14年にも東北巡幸がありましたが、
           この時は北葛飾郡役所(現在の杉戸役場)で休憩し、役場敷地内に記念碑があります
画像
          写真G埼玉県第6区区務所と北葛飾郡役所 特別展杉戸宿資料より クリック拡大
画像
                      写真G問屋場稲荷 三井住友信託銀行裏手
画像
            写真H本陣跡地前交差点 マップE 問屋場跡(三井住友信託銀行)を見る
              左右の通る道路は日光道中を分断して造られた道の為、直線になっている
                      右方向に東武動物公園駅 左に国道4号線
                角にある虎屋薬局は旅籠屋重右衛門宅、道中を挟んで反対側に
          東屋七右衛門宅、宮物屋源七宅、市川屋正吉、森田屋庄助宅、仙台屋小源次宅と
                          何れも旅籠屋が並んでいた
             市川屋と森田屋の一部が道路、川北屋半次郎宅は道路になってしまった
画像
                         写真I杉戸宿マップ-2 クック拡大
画像
              写真J下町名主鈴木小左衛門跡 現埼玉県信用金庫から東側一帯
                   小左衛門は杉戸宿最後の名主  此処までが下町

                            ~~~~~此処から中町~~~~~
画像
                写真K杉戸宿と脇本陣 特別展杉戸宿資料より クリック拡大
画像
                 写真L東側の脇本陣跡「蔦屋権左衛門・吉兵衛」 マップF
                       旅籠屋マツモト金物店辺り、此処から中町
画像
                           写真M本陣門(清兵衛宅)
           杉戸宿の本陣は中町にありました、現在も当時の門が残っています。建坪166坪でした
        享保元年(1716)に本陣長瀬伝蔵とあるので、このころには長瀬家が本陣を勤めていたようです
           初めて古文書で確認できるのは安永7年(1780)で本陣長瀬清兵衛と記載されています
画像
                       写真N特別展杉戸宿資料より クリック拡大
画像
                    写真O西側の脇本陣跡「酒屋伝右衛門」 マップG
                   旅籠屋マツモトパン屋辺り、隣の駐車場は旅籠屋太田屋

                            高札場跡(マップH)
       日光道中と関宿旧道(杉戸1丁目と2丁目の境の道路)との曲がり角付近にあった 此処は上町

                             ~~~~~愛宕神社~~~~~
                            小林質店わき道を入る
画像
                             写真P小林質店
             道路わきの小林質店が酒造家伊勢屋長兵衛、南側から街道筋を見ています
             以前は白壁の往時を偲ばせる建物でしたが東日本震災で損壊したようです

                  鳥居前の道路は南側用水路で、暗渠化され地上は遊歩道、
                          一部区間が綺麗に整備されています
画像
                             写真Q愛宕神社
             香取神社、(上杉戸)、神明神社(杉戸2丁目)、と共に杉戸宿の鎮守として祭られた
                      境内には杉戸宿と愛宕神社案内板があります
画像
                          写真R案内板 クリック拡大

                            ~~~~~再び街道筋へ~~~~~ 
画像
                            写真S河原組から横町
              街道は右にカーブし黒壁と連子格子の街道筋の風情を残した建物がある
画像
                             写真S-1 宝性院
                 百間西光院末寺  明治12年に置かれた初代郡役所所在地、
                      明治初期と13年頃から杉戸小学校の所在地
画像
                    写真S-2杉戸宿 横町 渡辺勘左衛門宅 マップI
画像
                  写真S-3旧街道と新4号分岐地点 九軒茶屋方向を見る

                          此処で歴史ウォークは終了しました
                  宝生院付近から古利根川沿いに出て東武動物公園駅で解散

                     日頃、見慣れている街並みですが、知らない事ばかり、
                         大変勉強になった歴史ウォークでした
              ご案内くださった宮代町資料館 学芸員の方、有り難う御座いました、なお
                 このコース、所要2〜3時間ですので、ゆっくり、楽しく散策できます

                            下記参考に作成しました
                 参加者に配布された資料及び下記発行の書籍(200円)
                 平成24年度特別展「杉戸宿」〜杉戸宿と百間領の村々〜
                        主催 宮代町・杉戸町教育委員会

                             宮代町郷土資料館HP
             http://www.town.miyashiro.saitama.jp/  〜公共施設〜郷土資料館へ
                  特別展開催期間 平成24年10月20日(土)〜12月24日(月)

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮代町郷土資料館の特別展関連 歴史ウォーク 杉戸宿を歩く トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる