トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 第308回東武健康ハイキング 人形のまち岩槻ハイキング

<<   作成日時 : 2013/03/14 16:41   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

人形の街といえば「岩槻」と言われるほど、全国的に有名な街。早春の寺社をめぐり、栄える日光御成街道、
岩槻城址公園を散策して、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか
    ゴール受付後は岩槻駅周辺商店街での「まちかど雛めぐり」をお楽しみください    東武鉄道
                            2013年03月09日(土)
                               コース概略
     東岩槻駅(受付)〜(徳力小)〜玄装三蔵塔〜慈恩寺〜日光御成街道〜諏訪神社 公園〜
                     久伊豆神社〜岩槻城址公園〜時の鐘〜旧岩槻市役所(解散)〜岩槻駅

       *****東岩槻〜玄装三蔵塔〜慈恩寺〜観音入口〜御成街道〜
                               諏訪神社 WC 公園〜慈恩寺橋〜久伊豆神社*****
画像
                              写真@東岩槻駅 受付
                             コースマップ受取りスタート

                        コース案内に従い 玄装三蔵塔・慈恩寺へ
                            ~~~~~玄装三蔵塔 慈恩寺~~~~~
     「西遊記で」知られる玄装三蔵法師の霊骨塔、昭和25年、東武鉄道社長根津嘉一郎氏の寄贈により
    十三重の塔を建立し全仏教徒の聖地とすべく奉安したものです  慈恩寺観音住職  案内板より抜粋
画像
                             写真A玄装三蔵塔門
画像
                             写真B玄装三蔵塔
画像
                             写真C慈恩寺 本堂
            平安時代の創立と伝わる。坂東札所などとして広い信仰、巡礼者を集め、さらに
                 歴代岩槻城主や幕府の保護を受けた古刹   案内板より抜粋

        ~~~~~慈恩寺〜観音入口〜御成道〜諏訪神社 WC公園〜慈恩寺橋〜久伊豆神社~~~~~
                     観音入口交差点を左折して御成り道へ
画像
                         写真D御成街道 面影を残す松
              御成道から逸れて諏訪神社へ、御成り道を直進すれば慈恩寺橋で合流
画像
                              写真E諏訪神社
画像
                   写真F慈恩寺橋(元荒川に架かる橋) 左岸下流から
画像
                     写真G久伊豆神社参道「社叢ふるさとの森」
画像
                             写真H久伊豆神社
                  境内には岩槻城主が雨乞い祈願に使用したと云う「雨乞いの井」や
                      県内三大「さかき」とされる樹齢300年の大木がある
    境内は岩槻城跡の一部でもあり、元荒川を臨む「社叢ふるさとの森」は埼玉自然百選に選ばれています

       *****久伊豆神社〜神社参道 東武野田線踏切〜本丸交差点〜
                     三の丸通り〜岩槻城址公園〜時の鐘〜旧岩槻市役所(解散)*****
画像
                写真@岩槻城散策マップ 岩槻郷土資料館で頂いたマップ加筆
                              クリック拡大

                          ~~~~~三の丸交差点~~~~~
画像
                             写真A本丸公民館
画像
                           写真B三の丸の碑(消防署)

                             ~~~~~公園入口~~~~~
画像
                       写真C岩槻城と下町模式図 クリック拡大
         公園入口は城址公園イグレッタ上の沼付近になります(写真表示位置を使用のため)
画像
                         写真D岩槻城説明 クリック拡大

                           ~~~~~岩槻城址公園~~~~~
             岩槻城が築かれた場所は現在の市街地の東側。元荒川に突き出た大地に
                本丸、二の丸、三の丸などの主要部が元荒川の沼地を挟んで
                   北側が新寺曲輪、南側に新曲輪と鍛冶曲輪があります

          公園入口〜わんぱく広場〜ピクニック広場〜ひょうたん池 八つ橋〜
                                   堀障子〜岩槻城城門「黒門」〜公園入口
画像
                          写真Eからくり時計(藤棚傍)

                       ひょうたん池に架かる橋「八つ橋」を渡って
画像
                      写真F八つ橋」左右は桜の木 クリック拡大
画像
                               写真G堀障子
               堀の底に設けられた障害物の一種、新曲輪と鍛冶曲輪との間の空堀
画像
                        写真H堀障子案内板 クリック拡大
画像
                           写真I岩槻城城門「黒門」
                門塀の両側に小部屋が付属する長屋門、岩槻城廃城(1871)後、
                    埼玉県庁や県知事公舎の正門として利用されて
                  昭和29年岩槻市に移管、昭和45年現在地に移設された

                             昔の武家屋敷地
          岩槻城大手門の外一帯に武家地が配置され、通り名称は「小路」がつけられた 
         ~~~~~岩槻城址公園〜諏訪神社小路〜諏訪小路〜広小路〜渋江小路〜時の鐘~~~~~
画像
                               写真J諏訪小路

                           広小路から渋江小路へ
画像
                             写真K広小路 石票
                   岩槻城内侍屋敷の路地名 渋江小路より大手門へ至る道
                  路地沿いの一角には岩槻藩領の支配を司る岩槻会所があった
画像
                               写真L広小路
画像
                            写真M渋江小路 石票
画像
                               写真N時の鐘
                  岩槻城下の時の鐘は寛文11年(1671)岩槻城阿部正春が
               武家屋敷と町人町の境の出入り口の一つ渋江口に設置させた鐘楼
                          現在は朝夕6時に時を告げている
画像
                   写真O日光御成街道道中絵図に見る城下町の町並み 
                   パンフレットよりですが、時の鐘にも同様案内板あります
画像
                       写真P城下町岩槻案内板 クリック拡大

                   ~~~~~時の鐘〜裏小路〜一里塚跡(旧岩槻市役所)~~~~~ 
画像
                       写真Qゴール受付(旧岩槻市役所)
画像
                            写真R旧岩槻市役所
画像
               写真S日光御成道 一里塚(御成街道側)  後方の建物は旧役所
     岩槻でも笹久保、下久保宿町、相野原(現存県指定史跡)の3ヶ所に一理塚が設けられていました
               その下久保宿町の一里塚は旧岩槻市役所前辺りに設けられていました

画像
                  写真21東武鉄道配布のハイキングマップ クリック拡大

                           「まちかど雛めぐり(一部見学)」
            雛祭りは東口周辺商店街で2月27日から3月27日(日)まで開催されています

                                  御成道
    *****一理塚〜(久保宿通り) 東玉大正館〜市宿通り 岩槻郷土資料館〜市宿通り〜岩槻駅*****
画像
                              写真@久保宿通り

                          ~~~~~東玉大正館(西側の歩道)~~~~~
                      吊るし雛とひな人形の組み合わせが素晴らしい
画像
                             写真A東玉大正館
画像
                        写真B東玉大正館由来 クリック拡大
画像
                                 写真C
画像
                                 写真D
画像
                                 写真E
画像
                              写真F市宿町通り
                   城下西の出入り口加倉口から久保宿町に至る町
                 御成街道両側に広がる町で、上、中、下に分れていた
                毎月1・6の付く日に市が開かれていたことからこの名がある
                          岩槻市教育委員会道標から

                           ~~~~~岩槻郷土資料館~~~~~
           城下町岩槻の歴史を知ることの出来る資料館。昭和5年建設の旧岩槻警察庁舎で、
                     建物内には多くの民具や模型が展示されている
画像
                    写真G岩槻郷土資料館 振返って市宿通りを見る
画像
                                写真H古今雛
                     江戸時代、享保以降新しく工夫された町雛の総称
画像
                                写真I裃雛
                江戸時代の終わりごろ岩月の人形使により庶民用に考案された
画像
                        写真J江戸時代後期 風俗人形
画像
                           写真K昭和初期の雛人形
画像
                     写真L市宿通り観光見所マップ クリック拡大
 
                      市宿通り反対の歩道を散策しながら岩槻駅へ
画像
                           写真M東武野田線岩槻駅
                             無事に完歩し家路へ
                  夏日のハイキングとなりましたが満足の一日でした
                 岩槻市街は見残し多く再度、散策したい街並みでした

                              今日の万歩計は
      通常歩行 25534歩 しっかり歩行 17269歩 歩行距離 12`  消費i 968`i  脂肪燃焼 68c

                           下記参考に作成しました
                       コース上の案内板や観光パンフレット


                                 
        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第308回東武健康ハイキング 人形のまち岩槻ハイキング  トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる