トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉が彩る奥州白河 戊辰白河口の戦いに思いを馳せて JR駅からハイキング

<<   作成日時 : 2013/11/15 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戊辰戦争“白河口の戦い”の激戦地となった稲荷山を訪れます!
奥州白河の歴史と文化を巡り、また、紅葉で彩る日本最古の公園と言われる“南湖公園”も訪れます

                          2013年11月09日(土)
                            コース概略
      白河駅〜稲荷山〜南湖公園〜龍興寺〜小南湖(白河藩大名家墓所)〜
                    谷津川せせらぎ通り〜土橋〜常宣寺〜白河ハリストス正教会〜白河駅

              *****白河駅〜旧奥州街道(294号線)〜南湖橋〜稲荷山公園*****
画像
                           写真@白河駅 待合室で受付
          明治20年(1887)東北本線開通した時、白河駅開業 大正時代に造られたレトロな駅舎  
                   ステンドグラスのある赤瓦の屋根の大正ロマン漂う
                      ホームから小峰城跡と三重櫓を見える

               募集定員100名 定員をオーバーでの盛況な受付、記念撮影して
                 ボランティアガイド3名 3班に分かれ団体行動でスタート
画像
               写真A戊辰白河口の戦い「戊辰史跡巡り」マップの複写 加筆 
              番号:史跡   加筆&矢印:駅からハイキングコース  クリック拡大

                      ~~~~~白河駅〜奥州街道〜稲荷山公園~~~~
              以前、街道筋はカギ型に形成され、道を挟んで町屋が配置されていた
画像
                         写真B奥州街道 振返って撮影

                    街道筋は白河郵便局、コンビニ付近で直角に左折
画像
                             写真C奈良屋呉服屋
                          明治時代に建てられた商家、
             (松の木そば))には宿場の出入口に荷馬車を繋ぐ「馬つなぎ」が残っています

                    谷津田川に架かる南湖橋を渡り街道筋を進む

                             激戦地・稲荷山公園
      ~~~~~稲荷神社〜西郷頼母の碑〜会津藩戦死者の慰霊碑〜長州・大垣藩の戦死者の墓~~~~~
                稲荷山は、奥州街道から白河城下に入る関門にあたり、
                 白河口の戦いにおいて東軍が最も重要視した陣地
                   会津藩を主力とする東軍が守備していたが、
       薩摩藩などの西軍に立石山方面と桜町方面が破られると一気に劣勢になり陥落した
        稲荷山に応援に向かった白河口の副総督、横山主税は稲荷山で戦死している
                現在、稲荷山頂上付近は公園となり、西軍、西郷頼母の碑
       麓には会津藩戦死者の慰霊碑、その向かいには長州藩と大垣藩の戦死者の墓がある
画像
                            写真D権現稲荷神社 入口
画像
                              写真E西郷頼母の碑
     東軍白河口総督として戦った会津藩家老、西郷頼母の戦後の心情や境遇が偲ばれる歌碑が建つ
画像
                        写真F稲荷山からの眺望 小丸山を見る
                 頂上付近は公園として整備され西軍、中央隊が進攻してきた
                      奥州街道や西軍が陣を敷いた小丸山が見える
画像
                       写真G官軍白河攻撃要図  クリック拡大
      この図は「官軍白河攻撃要図というもので慶応4年5月1日の白河口の戦闘図が描かれている
     西軍は南方の白坂から兵を三隊に分け、中央の稲荷山、東方の桜町、西方の立石山から攻撃した
                          東軍は敗れて、北方に逃れた
             パンフレット 戊辰白河口の戦い 白河史跡マップから複写 引用

                      公園から幟そば下り奥州街道を右折する
                +++++会津藩戦士墓・会津藩銷魂碑 田辺軍次君の墓+++++
             戊辰戦争白河口の戦いの中で最大の激戦地であった稲荷山の碑には
            会津藩若年寄・横山主税・海老名衛門ら304名の戦死藩士の刻まれています
画像
                        写真H会津藩戦士墓 全景 クリック拡大
画像
                         写真I会津藩戦士墓・会津藩銷魂碑
画像
                             写真J田辺軍次君の墓
      白河口の戦いで東軍が敗れたのは白坂町取締りの大平八郎が西軍の道案内をしたためと信じ、
      この遺恨をはらすため、斗南藩(青森県下北郡)から一か月を要して白坂に来て平八郎を斬殺し、
                     自らもその場で切腹した 21歳    案内板抜粋

                              奥州街道を挟んで南側
画像
                          写真K長州・垣藩戦死六人の墓
            慶応4年閏4月25日の白河の戦いで戦死した長州、大垣藩将兵6名の墓
          明治9年6月明治天皇が、同41年9月に東宮嘉仁親王が立ち寄りご焼香されている

            *****稲荷山公園〜南湖公園〜龍興寺〜小南湖(白河藩大名家墓所)*****
                          南湖公園  〜わが国最古の公園〜
          1801年白河藩主松平定信が新田開発と灌漑用水を目的として造り上げた人造湖
            湖畔には松や桜が植えられているほか池泉回遊式庭園の翠衆苑などがある
                              遊歩道
    +++++入口〜南湖十七景詩歌碑〜共楽亭〜棚倉藩銷英碑〜翠楽園入口〜松平定信公之像+++++
画像
                             写真@南湖公園 入口

                             車道から遊歩道へ
画像
                             写真A南湖公園遊歩道 
画像
                         写真B遊歩道 南湖が処処で見える
画像
                         写真C南湖十七景詩歌碑(南湖碑)
        定信は、湖面を取りまく丘陵の湿地帯、浦から景勝地十七景を選び和名や漢名を付けました
   親しい大名や、公家、儒学者に依頼し、寄せられた自筆を仙台石に刻んで文政3年(1820)に建てたのが
        「南湖十七景詩歌碑」です。定信自身も「共学亭」と「鏡の山」の和歌を詠んでいます
画像
                            写真D享楽亭から南湖を見る

画像
                     写真E戊辰殉難の碑入口(十七景詩歌碑隣) 
画像
                             写真F棚倉藩銷英碑
                        戊辰戦争による棚倉藩死者の霊を祭る
画像
                          写真G翠楽園入口(入場セズ)
        白河藩主松平定信により南湖築造終了後の享和年間(1801〜1803)に建てられた茶庭です
        池泉回遊式日本庭園、園内には書院造りの「松落亭」や秋水庵」がある  有料一般310円
画像
                            写真H松平定信公の像
画像
                        写真I南湖公園説明版 クリック拡大

           ~~~~~南湖公園〜南湖森林公園〜龍興寺〜小南湖(白河藩大名家墓所)~~~~~
                       南湖神社、南湖森林公園を通り抜け龍興寺へ
画像
                                写真J南湖神社
                          山道入口には松平定信公の像ある
画像
                          写真K南湖森林公園案内図

                         +++++龍興寺 (黄檗宗)  昼食+++++
                     前身は白河藩主本多忠義が明暦3年(1657)建立した
         会津藩海老名衛門君碑、戦死塚 5月1日の龍興寺周辺での戦死者を祭った戦死塚と
               この戦いで自刀した会津藩軍事奉行海老名衛門の慰霊碑がある
画像
                          写真L龍興寺 (黄檗宗) 本堂 
画像
                       写真M会津藩海老名衛門君碑、戦死塚

                      +++++小南湖(白河藩大名家墓所)+++++
              大名家墓所 二本松藩士慶応戊辰戦死乃霊(円明寺・丹羽公廟)
             大名家墓所(丹羽長重廟)にあり、二本松藩士23名の霊を祭る また、
                     元禄期から享保期の藩主松平直矩・基知父子
                  元禄期の藩主松平忠弘の子、清照の墓などがあります
画像
                     写真N白河藩大名家墓所入口 振返って撮影
画像
                              写真O小南湖 
画像
                        写真P二本松藩士慶応戊辰戦死乃霊
画像
                               写真Q丹羽長重の墓
                      寛永4年(1627)白河成立と共に10万石で入封、
              小峰条の改修、町割りの整備など現在の白河の町並みの基礎を築いた
                     寛永14年3月江戸桜田上屋敷で没した。享年67歳 

       *****大名家墓所〜円明寺橋〜谷津田川せせらぎ通り〜土橋〜常宣寺〜
                          白河ハリストス正教会〜楽蔵(白河見聞館)〜白河駅*****
画像
                   写真@谷津田川案内図  せせらぎ通り クリック拡大
画像
                       写真A円明寺付近のせせらぎ通り

                             ~~~~~常宣寺(浄土宗)~~~~~
                     永禄2年(1559)白河の本町に移し常宣寺と改めた
                現在地に移ったのは初代白河藩丹羽長重の時代(1627〜1637)
             棚倉藩阿部内膳之墓 会津藩戦死十二士之墓 南無阿弥陀仏碑があります
画像
                            写真B土橋付近の紅葉(参道側)
画像
                              写真C参道の紅葉
画像
                             写真D常宣寺 本堂
画像
                   写真E会津藩戦死十二士之墓 南無阿弥陀仏石塔
                     この碑は戊辰戦争白河口の戦いで捕まり、翌日
         新政府軍により処刑され谷津田川に流された奥羽列藩同盟の兵士を供養する為に建立された
                   以前は新橋のたもとにあったが、この常宣寺に移された
画像
                     写真F谷津田川 土橋方向を見る 右側:常宣寺
        処刑された兵士たちは、この川に投げ捨てられ、川は「血染めの川」と呼ばれたそうです

                ~~~~~八幡小路(市役所 市民会館の間)を通りハリスト教会へ~~~~~
画像
                           写真G白河ハリストス正教会
          大正4年に建てられたビザンチン様式の教会正八角形のドームと白い壁が印象的
                          予約すれば内部見学可能 又
       この教会の司祭を務めた沢辺琢磨は新島襄や西郷頼母の子、吉次郎と深い関係がありました
画像
                    写真H白河戊辰見聞館 年中無休入館料200円
          戊辰白河口の戦いにまつわる遺品や新撰組関係のものが展示されている
    会津藩や白河口の戦いに関連した人物、白河口の戦いの経緯などを詳しく学ぶこともできます 
画像
                         写真I見聞館入口 奥州街道から
画像
                            写真Jゴール白河駅 駅にて
                      立派な横断幕は駅長さんのご好意によるものです

                              無事にゴールしました
     初めて訪れる白河市、名調子のガイドによる戊辰戦争の戦いに思いを馳せながらハイクできました
                見残しも多く、再度「いってみっぺ」の街並みでした!!
       駅長さんや関係者の皆さんにも感謝です、遠出でしたが天気にも恵まれ大満足の一日でした

                               今日の万歩計は
      通常歩行19729歩 しっかり歩行 12632歩 歩行距離 8`  消費i 334`i  脂肪燃焼 41c
下記参考に作成しました 
受付時配布のパンフレット及びコース上の案内板 及び下記HP
いってみっぺ白河  http://shirakawa315.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉が彩る奥州白河 戊辰白河口の戦いに思いを馳せて JR駅からハイキング トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる