トッチャンのウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 都内散策 旧玉電沿線を歩く  第337回 宮歩会

<<   作成日時 : 2013/12/11 16:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

現在の世田谷線は大正14年(1925)1月玉川電気鉄道の支線として三軒茶屋駅・世田谷駅間、更に
5月に世田谷駅・下高井戸駅間が開業した
昭和44年(1969)玉川線の渋谷駅・二子玉川園駅間が廃止され、
残った支線部分が世田谷線(東京急行電鉄)に改称された
この沿線にかけて発祥した歴史・文化ゾーンともいえる遺跡、神社、仏閣等を訪れます   宮保会
                          2013年12月08日(日)
                             コース概略
               三軒茶屋駅〜最勝寺〜若林稲荷神社〜豪徳寺〜
         世田谷城址公園〜若林公園(🚻 昼食)〜松陰神社〜大吉寺 園光院〜
            ボロ市通り〜代官屋敷 世田谷区立郷土資料館〜勝光院〜
             世田谷八幡宮〜宮の坂駅〜(世田谷線)〜三軒茶屋駅

    *****三軒茶屋駅〜最勝寺〜(烏山川緑道)〜稲荷橋跡〜若林稲荷神社〜
                        (環七歩道橋)〜(烏山川緑道)〜品川橋〜豪徳寺*****
                        ~~~~~烏山川緑道~~~~~
         烏山川緑道を歩く「三軒茶屋駅付近の西山橋跡から品川橋(豪徳寺入口)」
          緑道は昭和40〜50年代世田谷区の大半の中小河川は埋め立てられ、
                下水道幹線として利用されるようになりました
        緑道はその有効利用と災害時の避難路として整備され今日に至っています
              烏山川緑道は昭和49年3月開園し全長約7キロに及び
              世田谷区船橋7丁目から三宿三丁目まで続いています
                       若林橋付近案内版より抜粋
画像
                       写真@東急世田谷線 三軒茶屋駅 スタート
画像
                  写真A松陰太子堂マップ 案内板複写 加筆 クリック拡大
画像
                               写真B最勝寺
        天台宗の寺院 正式名称は「竹園山最勝寺教学院」。「目青不動」の通称でも知られる
                             本堂本尊: 阿弥陀如来
画像
                          写真C烏山川緑道 西山橋跡付近

                    烏山川緑道 稲荷橋跡で右折若林稲荷神社へ参拝
画像
                              写真D若林稲荷神社
               かっては福寿稲荷と呼ばれていた 現在、若林天満宮と合祀されており、
                    毎年9月に合同で行われる大祭は多くの人々で賑わう

                       環状7号線、歩道橋を渡って再び緑道へ
画像
                          写真E烏山川緑道 若林橋付近
画像
              写真F烏山川緑道マップ 若林橋付近案内板複写 加筆 クリック拡大

                             品川橋から豪徳寺へ
                              ~~~~~豪徳寺~~~~~
          大谿山(だいけいざん)豪徳寺(曹洞宗 の寺院)は世田谷城主吉良正忠が
      文明12年(1480)亡くなった伯母の菩提のために建立したと伝える弘徳院を前身とする
                    天正12年(1548)臨済宗から曹洞宗に改宗した
            寛永十年(1633)彦根藩世田谷領の成立後、井伊家の菩提寺として、
                     藩主直孝の法号により豪徳寺と改宗した
                 仏殿とその三世仏像、達磨、大権修理菩薩像、及び
                石灯篭二基、梵鐘が当時のまま現在に伝えられている
      境内には直孝をはじめ井伊家代々の墓所があり、井伊直弼の墓は都史跡に指定されている 又
               同寺の創建を物語る同春院(井伊直忠)、弘徳院の宝篋印塔がある
                       平成4年 世田谷区教育委員会案内板抜粋
画像
                                写真G山門
画像
                                写真H仏殿
                    正面の仏殿は改修中でシートで覆われいた
                       正面左方向:彦根藩主井伊家墓所
画像
                         写真I仏殿案内板 クリック拡大
画像
                        写真J仏殿像 案内板 クリック拡大
画像
                            写真K井伊直弼の墓所
画像
                   写真L彦根藩主井伊家墓所 案内板 クリック拡大

                      豪徳寺は言わずと知れた招き猫の発祥の地
              境内には招猫観音堂があり、隣の奉納所には招き猫が並んでいます
画像
                               写真M招福観音
画像
                                写真N招き猫
画像
                              写真O豪徳寺参道

      *****豪徳寺〜世田谷城址公園〜若林公園(昼食)〜松陰神社〜
            大吉寺 園光院〜   ボロ市通り〜代官屋敷 世田谷区立郷土資料館〜
                      勝光院〜世田谷八幡宮〜宮の坂駅〜(世田谷線)〜三軒茶屋駅*****
画像
               写真@宮の坂駅、松陰神社前各駅区間付近マップ クリック拡大
                         世田谷城址公園案内板より複写加筆

                             ~~~~~世田谷城址公園~~~~~
                 世田谷城の南東端の廓を中心とした一帯を占める公園で、
                 南北方向に延びる細長い土塁とその間を隔てる堀をはじめ、
                    一段と高くそびえる廓が現在も残されています
                               城址公園案内板より
             世田谷城は清和源氏・足利氏の一族である吉良氏の居城として知られています
                  永和2年(1366)築城と言われていますが定かでありません
             後に小田原北条氏と関係を持つようになり、天正18年(1590)北条氏滅亡すると、
                               その運命を共にした
                    その後暫くして当地は彦根藩井伊家の所領となります
画像
                             写真A世田谷城址公園
画像
                             写真B公園内の土塁と堀
画像
                   写真C世田谷城の城郭構造(推定)  クリック拡大
画像
                        写真D城郭構造 説明 クリック拡大

                               ~~~~~松陰神社~~~~~
                        昼食は松陰神社隣にある若林公園にて
                松陰先生は幕末の思想家、教育者で私塾松下村塾を主宰し
                  明治維新を成し遂げた多くの若者を教育しました。然し、
                 安政の大獄で,30歳の若さで伝馬町の獄中で刑死しました
            その4年後、文久3年(1863)門下生の高杉晋作、伊藤博文等により
            当時長州藩藩主の所領で大夫山と呼ばれたこの地に改装されました
     明治15年(1882)11月、松陰先生門下生が墓畔に社を築いて先生の御霊を祭り神社が創建されました
                               案内板より抜粋
画像
                             写真E松陰神社 鳥居
画像
                             写真F御影石の石灯籠
                          拝殿入口左右にある石灯篭は32基 
              毛利元昭公をはじめ、門下生の伊藤博文、山縣有朋、乃木希典等の
                       縁故者より明治41年(1908)に奉献されたもの
画像
                             写真G松陰神社 拝殿
画像
                                写真H松下村塾
                本神社にある松下村塾は山口県萩の松陰神社の村塾を模したものです
画像
                             写真I境内の吉田松陰像
画像
                               写真J吉田松陰の墓

                       松陰神社駅前踏切を渡り世田谷通りを左折
                     ~~~~~松陰神社〜大吉寺 園光院〜ボロ市通り~~~~~
画像
                              写真K世田谷通り
画像
                               写真L大吉寺
             護国寺天照院と称し創建年代不詳 吉良家祈願寺 作家寺内大吉の正家でもある
画像
                               写真M園光院
                天正10年創建 本尊:不動明王  寺号は明王寺吉良氏祈願寺

                               ボロ市通りへ
               ~~~~~ボロ市通り 世田谷のボロ市(東京都指定無形文化財)~~~~~
       天正6年(1578)小田原城主北条氏政が世田谷新宿に宛てた「楽市掟書」に起源をもつとされ
              毎年12月15日 16日 1月15日 16日の真冬の4日間露天市が開かれる
            [世田谷中央病院から世田谷一郵便局]に至る、およそ500メートルとその周辺
                     通りには国指定重要文化財の代官屋敷がある

                  ~~~~~重要文化財 東京都史跡 大場家住宅~~~~~
            江戸時代のはじめ大場氏は彦根藩井伊家領世田谷(2300石)代官職を務め
                      明治維新に至るまで世襲していました
                 この屋敷地はその代官役所として使用した居宅を含む屋敷跡です
      屋敷は江戸中期の建築であり、代官所の中心である母屋は約70坪(231.4u)茅葺の寄棟造りで
             茅葺の表門、土蔵、白洲跡等の一部が今も現存し往時の面影を残しています
                          東京都教育委員会案内板抜粋
                      又、敷地に世田谷区立郷土資料館があり
              原始・古代から現代まで世田谷の歴史と文化に関する資料を展示している
画像
                          写真N世田谷代官屋敷 表門
画像
                              写真O主屋(南側)

                               再びボロ市通りへ
画像
                           写真O世田谷一郵便局前から
画像
                 写真Pボロ市通り 振返って撮影 世田谷一郵便局前から   

                       ~~~~~延命山 勝光院 曹洞宗~~~~~
             建武2年(1335)吉良氏の創建と伝わり、墓地には吉良家代々の墓所がある 又
               山門脇に広がる竹林は銘木百選「モウソウチク」昭和62年世田谷区指定
画像
                               写真Q勝光院 山門
画像
                                 写真R竹林

画像
                              写真S世田谷八幡宮
                この神社は源義家が奥州の内乱を沈めた記念として建てられた
               宮坂八幡、宇佐八幡とも呼ばれ応神天皇、仲哀天皇神功皇后を祭る
                 社殿は文化10年(1810)の建築で現在の社屋の中に収めてある 
                          世田谷区教育委員会案内板抜粋

                       此処で無事に今日の予定は終了しました
                   近くの世田谷線宮の坂駅から三軒茶屋駅経由帰宮
        今日は内容の濃い見所の多いコース、チョッピリですが幕末に触れることができました
                   又、天気にも恵まれ楽しくハイキング出来ました
                         世話人の方々お世話になりました
画像
                           写真㉑世田谷線 宮の坂駅にて

                                 今日の万歩計は
     通常歩行 14430歩 しっかり歩行 10075歩 歩行距離 8` 消費i 402`i 脂肪燃焼 30c

              記事はコース上の案内板、見学箇所の案内板等参考に作成しました





















 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都内散策 旧玉電沿線を歩く  第337回 宮歩会 トッチャンのウォーキング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる